協会からのお知らせ

2歳さんと5歳さんの壮絶な争い?

こんばんは

親勉チビーズ協会代表

いしいおうこです。

 

********

いしいおうこの駄話(だばなし)

********

2歳さんと5歳さんの兄弟って結構いると思うんですよ。

 

でね。

 

まあ、年がそのぐらいって

結構バトル。

 

下は、上の子のやっていることをやりたい!!

同じことをやりたい。

 

でも、上の子は、やだ!

自分がやっているのに!!

 

邪魔しないで〜〜〜〜。怒

 

 

です。

 

で、ストレスマックス!!

 

きゃーー。あるある。ありますとも。

 

 

 

でね。

 

ま、あるんですよ、仕方ないのね。

 

じゃあ環境として、

上の子がどこか集中できる場所を作ってあげる。

 

と物理的に整える方法。

下の子が届かないとか。

 

それから、上の子は、時々賄賂で労ってあげて。

 

それから、上の子には、

下の子って上の子が大好きだから、

ついおんなじがいいんだってーって言っていおく。

 

そして、上の子に

どうしたい?どうしたらいいと思う?

どういう風なのがいいの?

って聞く。

 

で、じゃあそうなれるように

お母さん応援する!

って言う。

 

 

で、バトったら、交通整理です。

やることは、

で、ここで出てくるのは、

チビーズ中級の3本軸。

当てはまるなら、叱ります。

当てはまらなかったらそれまでは、見守ります。

 

ちなみにチビーズだと

年の差バトル兄弟でも

お母さんが難易度を変える視点を手に入れるので、

即座に敏腕という訳にはなれませんが徐々に磨かれていくので、

だいぶ楽になっていきます。

 

そして、上の子が下の子のために

おもちゃを作ってくれるようになるのです。^^

 

 

子どもはあっという間に成長してしまいます。

ストレスフルのままこのお家生活を過ごすのか、

改善して、資質を磨く母になるのかは、

お母さん次第でどっちにでもなれますね。

 

ね。だから、お母さんの自己決断でしかないですね。

自分の人生は自分で選ぶことができる。

 

****************

<親勉チビーズとは>

親勉チビーズは、4歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。
従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に
親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから
遊ぶように学ぶことがより可能となった
今までにない画期的な内容です。

************************

ぜひ、励みになりますので、ほんの一言でもいいので、
是非とも、是非とも、メッセージお待ちしておりますね。

待ってます!!

質問があったら、公開質問とさせていただきます。

また、いいなと思った記事がありましたら、

どんどんシェアしていただいて結構です!!

oko@bonheur-de-sakura.jp