協会からのお知らせ

こんばんは

 

親勉チビーズ協会代表

いしいおうこです。

 
 
 
**************

おうこの駄話 

**************

あのね。

わたしたちは、褒めて育てましょうって

すっごく言われてきてますよね。

自分が子どもを叱ると罪悪感に苛まれ、

夫が褒めるのが下手で、

しかも、感情で、細かいことで、子どもを叱っていると

心から、夫を憎いと思いますよね。笑

 

コノヤロー!!って。

 

でもね。

じゃあ、わたし褒めているから、大丈夫って思うでしょ。

実は、ただ、褒めているだけでは、

ダメなんです。

 

え。おうこ先生、、、中級受けたけど、、チーン。

わたし、中級で何でもかんでも褒めなさいとは言ってないんです。

覚えてますかね。笑

 

それはちゃんと理由があって、

何でもかんでも褒めるお母さんになったら、嫌だなって

思ったから、そこについては触れてないんです。

 

触れたら、そこを理解するために

あと1日ぐらい講座を延長しなくてはいけなくなるからです。

 

日本には、あることがあるからです。

だから、本当は、褒めて育てるとしてはいけないのです。

あ、褒めるなって言っているのではないので気をつけてね。

 

これを知るとはああああ、なるほど。

そういうことでチビーズだから、

おうこ先生こういうこと言っているのかって

思うでしょうね。

 

チビーズ知らない人も、

そこを知ってから、チビーズ受講すると

より理解が深まるでしょうねえ。

 

なんで、チビーズの考え方が誕生したのか。

まあ、細かなところまでよう考えて、作っているなあと

また、自分で自分を褒めました。笑 ←これは、OK。笑

 

世界中のお母さんが絶対後悔しない!

自信を持って褒める叱るができる。

 

『親勉チビーズ流

褒め方叱り方動画講座』

【所要時間】

2時間

【受講料】

24,200円(税込)

【概要】

褒めるの定義 /  叱るの定義

ただ褒めていたらいいの?

見守るということ

残酷であるということ

レッテルとセンノウ

褒めるミソ

叱るミソ

自己選択のチビーズ的見解

 

ここでね。

皆さんに動画受講してもらいたい理由は、

褒めて育てることが主流ですが、

本当に?という話です。

当たり前に疑問を持つんです。

褒めて育てることを本当に理解して、

取り組んでいる人が一体何人いるんでしょう。

うわべだけで、理解した気になっていません?

そして、うわべだけで理解した気になっているから、

後悔したり、悲しくなったり、傷ついたり

していませんか。

 

25日(金)22時

申し込み開始いたします。

3日間限定販売です。

その前に100本出たら、その前に

終了させていただきます。

今後はいつ販売できるかわかりません。

いや、当分しないと思います。

いや、二度としないかもしれません。

100本限定。100人にしか手渡しません。

これね。

うーわー

そうか。そういうことなんだ!褒めるって。

叱るってだからそういうことなんだ!って腹落ちするだろうなあ。

もう、だから、振り回されなくなるだろうなあ。

もちろんチビーズは未受講だけど、

叱ってばっかりで本当に嫌とか。

叱れなくて悩んでいるとか。

そういう人には、ものすごいオススメです。

わたしのパワーを!!笑

届けー!!笑

********************

<親勉チビーズとは>

親勉チビーズは、4歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。

従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に

親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから

遊ぶように学ぶことがより可能となった

今までにない画期的な内容です。

************************

ぜひ、励みになりますので、ほんの一言でもいいので、

是非とも、是非とも、メッセージお待ちしておりますね。

待ってます!!

質問があったら、公開質問とさせていただきます。

また、いいなと思った記事がありましたら、

どんどんシェアしていただいて結構です!!

oko@bonheur-de-sakura.jp