協会からのお知らせ

自分を軽んじるでない

こんばんは

親勉チビーズ協会代表

いしいおうこです。

わたし、、、ほぼ毎日

98%の確率でメルマガを書いております。

 

だのに。

昨日ね。誕生日だったんです。

パソコン開かなかった〜〜〜。笑

ごめーん。

でも、本ちゃんのお祝いは、今晩なんですけどね。

今日は、出かける前に書いてます。

なんかね。わたしの周りの同い年の

お友達がいるんだけど。

 

みんな、怖い。。。

筋肉が友達ってさ。「女は、裏切るけど、

筋肉は裏切らない」って言って、筋トレ始める人が続出なんですけど。

この年齢になると、だんだんそうなっていくのね。と

目を細め、遠くを見ていた、いしいです。

<お試し期間>

メールで募集するとわちゃってくるのに、

フォームにするとハードル上がるのね。

みんな、自由に気ままに名乗らずにしたいの。

でも、それって、失礼じゃない?笑

せめて、名乗れ。と思うわたしは、心が狭い?

んなことないよね。笑

ご相談は基本的にこちらからのみ回答させていただきます。

子育ての悩み、どうぞ。

『いしいおうこの一問一答』 *詳細は、よく読んで。

https://system.faymermail.com/forms/2026

回答は、いつになるかわかりません。笑

そして、突然、終わることもあります。

ご了承ください。

 
 
***********
 
おうこ駄話 
 
***********
 
個性のびのびクラスですが、
30日で締め切ります。
 
 
この金額で受講できるのはこれで最後です。
 
 
悩んでいるなら、飛び込みなさい。
それでまた、チャンスを逃すことになるのです。
 
 
親勉チビーズ「うちの子グレーゾーンかな?
と思ったら、お母さんが学ぶ発達個性のびのびクラス」
 
お申し込みはこちらから↓ ↓ ↓
 
 
おうこ先生、うちの子、ちょっと心配なんです。
ある日、そう明かしてくれた7歳の女の子のお母さん。
 
 
もう、8年も前の話です。
 
 
その後、実は、やりとりが続いていてね。
 
 
ちょいちょい連絡を取り合ってました。
 
 
そのお母さんね。
最初は、療育とか色々考えていたみたいで、
有名な先生のところとか、調べていたみたいで。
 
 
ADHD気味だったのですが、結局なかなか診断が下りずね。
 
そしたら、家でもこの子のためになることできないかって。
 
当時、おうちモンテや創造教育を教えたり、しました。
 
 
でもね。
現在、15歳。
 
 
だんだん将来のことを考えるようになったんです。
 
そりゃあそうですよね。
 
だって、この子、どこに就職して、
どうやって生きていったらいいんだろうって。
 
思うもん。
 
 
親の心配ってそこじゃない?
結局。
 
自分がいなくなった後、
この子がどうやって生活するに困らず、
生きていける?
 
 
ただでさえ、健常者でも
厳しい時代が待っているのに。
就職先がなくなると言われているのに。
 
 
そしたら、せめて、どうやって自立して、安全に
確実に生きていってもらうか。
とどのつまりは、そこですよね。
 
 
  
***********
 
おうこ駄話 2
 
***********
 
 
わたしなんかができますか。
 
何度、わたしは、この言葉を聞いたんだろうか。
 
わたしでできますか。
 
わたしができるものでしょうか。
 
わからないので、ごめんなさい。
 
全くわからないのです。
 
苦手なんで時間がかかるんです。
 
 
 
いい?
 
わたしなんてなんていっている限り、いつまでも
わたしなんてなんです。
 
わたしなんか。なんて、
自分を軽く扱わないで。
 
 
もっと大事にして。
もっと大切にして。
 
 
この言葉を聞くたびに
もっと自分を愛して欲しいなって
心がキリッと痛むんです。
 
 
できないかもしれないけど、頑張ります。
 
 
言い訳しない。
できないなんて言わない。
やるだけ。
 
 
だって、できないかもしれないけどなんて、
一緒にやる人に迷惑。
 
 
そして、このわたしに迷惑なんだ。
 
 
なぜなら、いつだって、わたしたちは
覚悟して、真剣だから。
 
 
そして、できないことなんて、あるんです。人には。
そんなの結果だからいいんだよ。そんなん。
 
 
精一杯やって、できないのと、
最初から、できないかもしれないと思って、やるのとでは、
何百倍も意味が違うのです。チビーズの中級で言ってますよね。
 
 
やるなら、ただやるだけ。
 
 
それほど、困っている、苦しんでいるお母さんを助けたい。
 
 
 
そして、その先の
 
 
 
お母さんのことが大好きな子どもたちを助けたい。
やりたいことを見つけ、その資質をめいいっぱい開花し、
収入に見合う人生を彼らに歩んでもらいたい。
 
 
罵倒され、時には、脅され、八つ当たりされ、
お母さんの価値観を押し付けられ。
 
 
話を聞いてもらえず、
 
 
気づいたら、やりたいことをやりなさいと言われても
できない自分がいる。
 
 
好きなことやっていいのよと言われても
選べもしない自分になっている。
 
 
 
ねえ。
もしかして、
わたしなんての人は、
もしかして、
そういう子ども時代を生きてきたのかもしれない。
 
 
 
 
 
自分の子どもも
わたしなんてって
わたしなんかがって
言う人になっていいの?
 
 
 
 
もし、子どもがそう言ったら、どんな気持ちがする?
何かやろうとした時に、「僕なんてどうせできないよ。」
そう言ったらどうするの?
 
 
 
 
 
あなたが苦しんでいる
そのわたしなんかループに
子どもを巻き添えにしていいの?
 
 
 
 
自分の人生の舵取りは自分で取りなさい。
 
 
 
あなたの人生こそ、あなたが生きるのです。
あなた以外に誰が主役だっていうのです。
 
 
 
それが、同時に
子どもが将来 好きと資質と収入の
ゴールデンリングが整っていくことに繋がるのです。
 
 
 
好きと資質と収入が見合う人生を
子どもに歩ませるための講座が
親勉チビーズ。
自分もそう生きることで、
子どもに背中を見せることができる人が
親勉チビーズインストラクターです。
 
 
 
普通に受講してもいいし、
インストラクターという道でもいいわけです。
あなたは選べるのです。自分の生き方を。
 
 

****************

<親勉チビーズとは>

親勉チビーズは、4歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。

従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に

親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから

遊ぶように学ぶことがより可能となった

今までにない画期的な内容です。

************************

ぜひ、励みになりますので、ほんの一言でもいいので、

是非とも、是非とも、メッセージお待ちしておりますね。

待ってます!!

質問があったら、公開質問とさせていただきます。

また、いいなと思った記事がありましたら、

どんどんシェアしていただいて結構です!!

oko@bonheur-de-sakura.jp