協会からのお知らせ

サメとノラ○こ軍団のノラ○こ

こんばんは。

親勉チビーズ協会代表

いしいおうこです。

 

まず、お知らせね。

今回チビーズ養成講座申し込んだ人!!

それから、すでにインストラクターの人。

見習いの人!

全員で、決起大会するからね。

日程はだいたい決まっている。

しばしお待ちよ!

ワクワクするね!

 

 

今日ね。

家でね。

めっちゃ仕事していたんです。

ガリガリガリ。。。

でね。

 

とある話をある人としていた時に

親ってさ、

子どもにこういうことしちゃってない?

なんか圧かけて、結局自分の行かせたい方に。

怖いよね。

そんな話をね。

まあ、オンライン上でしてまして、

 

ふと、遠くを眺めたんですよ。

ふとね。

そしたらさ。

こんなのがあったのよ。

この背中で物語っている。。

なされるがままのノラ○こ軍団のひとり。

しかも、怖いのは、

サメさ、、、

急所は噛んでないの。一見わかんないの。

守ってるんです!なんて、言われたら、

あ、、そうですね。って言っちゃいそうでしょう!!!!

ゾワってしたよね。笑

しかも、みてよーーー。

ノラ○こ、、、、無表情よ。

無表情。

感情に完全にフタしとる。。。。

やばいです。

何をみても

親子関係に見えてくる。

 

さすが、生業にしているだけあるわ。

それにしても、、うちの誰がこんなことしたんだろ。。。

皆さんも、気をつけて。

親っていうのは、ついついそういうことをやってしまいがちだからね。

これじゃあ、下顎のせられていて、背も伸びないっちゅう。

戒めのために、しばらく飾っとくわ。

ほんと、、、こわ。

 

***********

おうこの駄話

***********

観察実践プログラムという

親勉チビーズの初中級を受講済みの方しか

受講できない。

道場という名を持つ

数稽古です。

 

子どもを賢く、小学校上がっても

勝手に勉強する子になるためのお母さんのための

観察実践プログラム。

 

これね。

受講した人がメキメキと頭角を現し、

今や、びっくりするほどの腕前になってね。

 

これね。

わかりやすくいうと

未就学児に自由研究の練習をしこたまするという

講座です。要は、勉強の仕方を未就学時代に

教えてしまいましょう。っていうものです。

小学校に上がるとありますね。

毎年、夏に。

頭を悩ます。

これね。適当にしたら、いくらでも手は抜けますよ。

ちょっとスライム作りのワークショップかなんかに

いってね。

 

ちょろちょろって適当にやったらいいんだから。

毎年、自由研究ってニュースに取り上げられていて、注目なんです。

で、なんで、わたしが、自由研究に注目しているかって言ったら、

これから求められる子ってピカイチの自由研究した子だなって思うんです。

 

もしね。中学受験するなら、めっちゃ自由研究が楽しめる時期って、

小学校3年か、4年生ぐらいまで。

でも、やっぱりそこで、実力が見えてくるんです。

やっぱり大人が感心する自由研究する子って、

それなりの中学に受かっているんですよねえ。

 

なので、観察実践プログラムって、自由研究レベルが

未就学時代に可能になっていくっていうすっごい楽しいプログラムです。

 

別名、未来チビーズ研究科と名付けよう。笑

学習の素地をつけるために、お母さんが観察と展開の練習を

100トレ(講座では、少ないけど。でも、ワークも入れたら、いつかなるよね。)

残念ながら、初中級だけでは、観察からの

展開の数稽古が足りないんです。

 

仕方ないよね。3日間で終わるので。

講座は、2日間しかないのに。

そのコミュニティーでそれこそ、何年も続けていいわけです。

しかも、情報は常に更新されていく。

素晴らしいコミュニティーです。

 

子どもの好きがベースだから、

その食いつきが違うんですよ。

もちろん、いつか役立つと思って、

展開していくんですけど。

 

まあ、楽しくなっちゃってね。

子どもと知識が繋がっていく瞬間を

共感していくことになっちゃって。

わたし、、どの講座も楽しいのですが、

観察実践は常に新鮮。

 

だって、そこにいる人たちが作っていけるんだもん。

そして、子どもへの観察眼が上がる上がる上がっていくんです。

結局、やっぱり数稽古なんですよねえ。

この観察眼が、すごいことになっていくんです。

子どもの資質もわかっていくし、

子どもへの学びの世界の広げ方もわかっていきます。

でも、一人じゃやらないでしょ。

他にメンバーがいるから続くんですよ。

 

ここから***

【〇〇のお話】男児2歳11ヶ月

【経緯】新生児の時からコミュニケーションに

困ってとりあえずかまってちゃんの時は絵本、

写真集(電車x風景とか)の創作話を読み聞かせてた長男、

2歳の保育園誕生日コメントが「絵本大好き」、3歳が「お話大好き」。

今のブームは「〇〇のお話してー」。

好きなトミカを並べて、そのグループで創作話をすると、

子供がその通り車動かし演じる物。

永遠と繰り広げられる…。

(時たま合いの手が入ったり、自分で延長戦したりする。)

多分語彙力を上げたいんだろうと出来るだけ付き合うが、ネタが尽きてきた。

 

【発展】

車じゃなくて自分自身も演じられるかな?と、洗濯物の話やお風呂、

ご飯を食べる話を物語風にすると(時にはトミカの夕食も準備し巻き込む)

まんまと乗ってくる。

洗濯物も運んだりしてくれる。

 

【展開】

〇〇をチビーズ、親勉カードに変えてお話する。

でも歴史人物が苦手…。自然素材の触れる鉱石標本等でお話する。

キレイな本も準備し、興味がありそうだったら本の世界に引きずり込む。

何か触れる現物x本で何か胸がときめく組み合わせ無いでしょうか?

もしアイデアありましたらコメント頂けますと幸いです。

触れる星座とか欲しいけど、ググってもなかったな。

やっぱり親勉カードかなぁ。出来れば立体物だとお話が作りやすいです…。

ここまで*****

これね。

コメントくださいってしてるでしょ。

すると、誰かが、気の利いたもの紹介してくれたり、

そこからまた、話が進んだりしていくんです。

すると、他の人がそこから、

これは!なんて話をしてくるんです。

も、も、わたし、、いらないから。

勝手に進んでるから。

でも、それでいいじゃない?

ママ友より価値観があっている人たちの集団です。

みているだけで勉強になる。そこが大事。

そして、これは、永遠に所属できるコミュニティー。

継続費もないの。

初回の講座代のみですよ。

 

 

だからね。今、ここにいる子どもたちが、

小学校行ったら、一体全体どんな子になっていくんだろうかと

とても楽しみにしております。

成果がわかるのは、小学校6年生の時の文集ですからね。

そこで、どんなことを書き上げるか。

どんな子に育っているか。実力がわかります。ワクワク。

これね。だから、集大成だからね。

ここからは、思春期ですから、また、ちょっと変わってきますね。

 

今ね。わたしのお教室に来ていた子たちが

みんな小学校受験して、合格しましたって

おかげさまでと感謝の連絡をいただいております。

お受験用のお教室じゃなかったのですが、

お受験する子はたくさんいたので。

 

今は、子ども向けはしてないですけど、

チビーズイズムは結局同じなので、

お母さんたちはチビーズの考え方で

間違いないってことですからね。^^

****************

<親勉チビーズとは>

親勉チビーズは、4歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。

従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に

親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから

遊ぶように学ぶことがより可能となった

今までにない画期的な内容です。

************************

ぜひ、励みになりますので、ほんの一言でもいいので、

是非とも、是非とも、メッセージお待ちしておりますね。

待ってます!!

質問があったら、公開質問とさせていただきます。

また、いいなと思った記事がありましたら、

どんどんシェアしていただいて結構です!!

oko@bonheur-de-sakura.jp