協会からのお知らせ

こんばんは。

親勉チビーズ協会代表

いしいおうこです。

**************

おうこの駄話

***********

観察実践プログラムという

親勉チビーズの初中級を受講済みの方しか

受講できない。

道場という名を持つ

数稽古です。

 

子どもを賢く、小学校上がっても

勝手に勉強する子になるための

未就学時代の過ごし方をお母さんに教えている

プログラムが観察実践。

単に勉強ができる子にするなら、他にいっくらでも

方法があります。ニンマリ。

違うんだなあ。

 

観察実践受講済みの人は、

だんだん意図していることに

勘づいてきていると思うけど。笑

単なる勉強好きにするのと、ちと違う。

 

ね。

あのね。

いわゆる天才と言われている人の

幼少期を徹底的に調べていって、

編み出した方法でもある。実は、これ、言ったことがない。笑

そもそも、上っ面の天才とかバ○とかお受験とかにあまり興味がない。笑

あ、結果続々合格とかそういうのはありますよ。

でも、そのために躍起になるのは、興味がない。

好きで、好きで、好きだから、

そこに情熱を傾けるという

結果、気づくとそれが、勉強になっている。

いや、勉強どころか、研究になっているという方法です。

(親子コミュ受講している人は知っているでしょ。)

風の時代到来と共に、研究の時代突入です。

(笑、、、ごめ、知ったかした。風って、風って、、、

風は風でも、わたしは、藤井風派。笑)

 

これね。

わかりやすくいうと

未就学児に自由研究の練習をしこたまするという

講座です。要は、勉強?いや研究のやり方を未就学時代に

教えてしまいましょう。っていうものの実践編です。

だってね。片付けの講座でも伝えているからね。

やり方は。

 

ですが、それだけだと

お母さんがよっぽと精神的にタフでないとできない。

だから、みんなでやろうよ。っていうのが

このプログラムであり、コミュニティーです。

ですが、ただ、コミュニティーに属しただけでは

できるようにはなりませんね。

やはりある程度講座で数をこなしてからでないと。

そういうこと。

 

これからはねえ。

ある程度5教科できるのは当たり前ですが、

それ以上に突出したナニカを持っていることが

求められているんです。by 某有名進学校の先生 

そんなの口を酸っぱくして言ってますね。わたし。

だから、親子コミュニケーションを作ったんですもの。

そういう子を世に輩出したいから。

そこで、着目したのが、小学校生活で行なう自由研究。

毎年、自由研究ってニュースに取り上げられていて、注目されています。

下手したら、すごいの作って、SNSでバズったら、

もう、企業も着目するということまで起きる世の中です。

なので、観察実践プログラムって、自由研究レベルが

未就学時代に可能になっていくっていうすっごい楽しいプログラムです。

別名、未来チビーズ研究科と名付けよう。笑

 

学習の素地をつけるために、お母さんが観察と展開の練習を

100トレ(講座では、少ないけど。でも、ワークも入れたら、いつかなるよね。)

残念ながら、初中級だけでは、観察からの

展開の数稽古が全く足りないんです。

仕方ないよね。3日間で終わるので。

観察実践プログラムの講座は、2日間しかないのに。

そのコミュニティーでそれこそ、何年も続けていいわけです。

しかも、情報は常に更新されていく。

素晴らしいコミュニティーです。

 

子どもの好きがベースだから、

その食いつきが違うんですよ。

もちろん、いつか役立つと思って、

展開していくんですけど。

まあ、楽しくなっちゃってね。

子どもと知識が繋がっていく瞬間が

お母さんも、一緒に感動ポイントになっていくんです。

そして、子どもへの観察眼が上がる上がる上がっていくんです。

結局、やっぱり数稽古なんですよねえ。

この観察眼が、すごいことになっていくんです。

子どもの資質もわかっていくし、

子どもへの学びの世界の広げ方もわかっていきます。

でも、一人じゃやらないですよ〜〜。

だから、このスタイルにしたんです。

チビーズの中でも今の所

観察実践だけですよ。

他にメンバーがいるから続くんですよね。

ここから***

【ケース1】1歳8カ月

観察

・右手手の平に虫を乗せている

・左手人差し指で虫を指している

・両足は開き気味で座っている

・目線は虫を見ている

・口はとんがっている

展開

【知性展開】

・ダンゴムシやアリなどほかの虫を乗せてみる

・夏に比べて虫が少なくなっていることとその理由を伝える

・昆虫図鑑で何の虫なのか調べる

【知性展開】

・この虫の生息地や越冬の有無などを調べる

・越冬できる虫とできない虫の違い

・夏眠する虫について調べる

家族全員で昆虫図鑑とネットで調べましたが、

虫の名前はわかりませんでした

(ゴミムシかハムシの仲間っぽいところで終わりました)。

ここまで*****

これね。すごいいいなって思ったのは、

家族全員で昆虫図鑑とネットで調べたっていうところ。

わからなくてもいい。

家族全員で取り組むことが素敵。

さあ、まだ、1歳8ヶ月だもの。

これから、どんな子に育っていくでしょうね。

ワクワク。

たくさん種まきをができるんです。

今から。

そして、そうこうしているうちに

お母さんも慣れてくる。

そして、一緒に発見がある。

親子で楽しくなるループ。笑

が、

観察実践プログラムです。

このまま6歳児とかに突入してごらん。

すごいことになりますから。

あああ、楽しみ。

観察実践プログラムっ子たち。

**************

<親勉チビーズとは>

親勉チビーズは、4歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。

従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に

親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから

遊ぶように学ぶことがより可能となった

今までにない画期的な内容です。

************************

ぜひ、励みになりますので、ほんの一言でもいいので、

是非とも、是非とも、メッセージお待ちしておりますね。

待ってます!!

質問があったら、公開質問とさせていただきます。

また、いいなと思った記事がありましたら、

どんどんシェアしていただいて結構です!!

oko@bonheur-de-sakura.jp