協会からのお知らせ

こんばんは。

親勉チビーズ協会代表

いしいおうこです。

 

観察実践プログラム 

 

このプログラムでようやく、

本当に腹落ちしました。

わたしの人生を変えたのは、このプログラムでした。

 

これから、どんな子に育っていくのか、

わたしがこんな風に子育てを意図的にできるようになったのは、

このプログラムに参加したからです。

 

ここのコミュニティーが

ものすごい面白いことになっていて、

最高の環境だなって思います。

という声をたくさんいただいています。

 

このコミュニティーに所属するだけで、

子どもを勉強?いや、違いますね。

研究好きにするチップスを手にすることができるでしょう。

この観察実践プログラムは、ゴールは、

小学生になってから、

子どもが夢中になって、自分で探究するやり方を会得すること。

そして、それは、好きが土台にあるので、

瞳の輝き度が違うんです。

 

ねえ。だって、こんな時代だからこそ、

子どもたちが瞳を輝かせ、未来に希望を持ち、

生きていってもらいたいですよね?

 

今ね。コロナの影響で、多感な時期の子どもたちが

それどころじゃなくなってね。

精神的に不安定になっています。

それに打ち克つほどの熱中力をもたせたい。

 

不安だからこそ、しっかりと前を見据え、

わたしは、これが好きだから!って

この気持ちを強く持って、未来に絶望してもらいたくない。

生きるのが嫌だ。

死にたいと。

そう思う子どもたち。

自分を大事にせずに傷つける子どもたち。

そんな子を増やしたくない。

それには、これが好き!

とても好き。

こんなことがより一層大切になっていくのではないだろうか。

そして、子どもたちは、好きなものに熱中し、突き進む

その数稽古をするんです。

これを経て、初めて

好き*資質=収入 のゴールデンリングを射程距離に入れて

生きていけるのです。

大人はね。好きなものを受け入れ、チャンスと捉え、

環境設定と情報提供ができるようになります。

そして、何より、抜群の観察眼を手に入れることができるようになります。

数稽古ですから。

すると、彼らが大学生になっても、社会人になっても

その方法は効果を成し、子育て人生20年。

全く違う世界を歩むことになるでしょう。

あ、もちろん手放していくので、

関わり度は、ステージが変わっていくのですが。

子どもの成長に合わせ、

愛し方が変わっていくのです。

****************

<親勉チビーズとは>

親勉チビーズは、4歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。

従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に

親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから

遊ぶように学ぶことがより可能となった

今までにない画期的な内容です。

************************

ぜひ、励みになりますので、ほんの一言でもいいので、

是非とも、是非とも、メッセージお待ちしておりますね。

待ってます!!

質問があったら、公開質問とさせていただきます。

また、いいなと思った記事がありましたら、

どんどんシェアしていただいて結構です!!

oko@bonheur-de-sakura.jp