協会からのお知らせ

こんばんは

親勉チビーズ協会代表 いしいおうこです。

 

 

今日ね。こんなコメントを

コミュニティーでいただきましたよ。

一部、名称編集させていただいております。

 

 

子どもがまだそんなに得意じゃなかった割り箸が、

どうしてもパイナップルが食べたい一心で、

ついに上手に掴めてそぉーっと舌先にのせる。

この後かなりたくさん数稽古を積んでパイナップルを食べきった!

やっぱり数稽古するには「好き」が必要!

そして数稽古でしか人間技能は習得できない。

 
 
とかね。
 
 
 

観察実践は数稽古の場。

チビーズの「子どもの好き」が全てのスタート、

というのが体に叩き込まれてるからこそ家庭教育が生きていく。

あくまでも情報提供のバリエーションのヒントであって、

全てではない。これを理解出来てないと世界が狭くなるだけだと思っています。

結局、学んでもアウトプットする場がないと

意味がないってこと。

 

そして、子どもへの知識の種まきが

単なる押し付けや、親の自己満になっていないかってこと。

これは、昔から言われてますね。

これがいわゆる子どもを置いてけぼりにしている

お受験ママや教育ママです。

子どもの好きに寄り添って展開できるとね。

本当に感動しますよ。

 
 

感想をいただきました。

一部言い回しを変えてますが、

シェア。

 

おうこ先生

本日は講座ありがとうございました。○○です。

2回目をリアルタイムで参加して、やはりこの講座は数稽古に

参加することに価値があると実感しながら

頭を絞ってたくさん考えて、良い頭の運動ができました。

 

観察実践、自分にできるか不安で、こわごわ参加したのですが、とても楽しかったです。

途中からだんだん展開のコツがわかって

楽しくなってきて、実際に今調べてやりたいと思うことがたくさん出てきました。

 

中略

 

観察実践をうけたきっかけをもう一度考えてみたのですが、

とある講座でご一緒した方が、自分の世界観で、お子さんの興味を引き出した

展開方法を次から次に編み出されており

楽しんで興味を突き詰める自由研究感が満載で、お話を聞いていて魅了されました。

 

後から、彼女は観察実践プログラムのガチさんだというのを聞いて、なんだか納得して、

チビーズのアプローチの方って、

こどもの興味にそった展開方法などを学べるのでは?

私が知りたいのはこれだ!と思って受講を決めました。

そして、実際に受講してみて、よかったと思いました。

 

いつも、いろいろな講座を受けては、時間がたつと

本当に悲しいくらい色々なことを忘れていってしまうのですが、

今回は、継続的に刺激を受けるコミュニティにも入れたので

途中で挫折することなく、記憶を薄れさせることなく、実生活に取り入れていきたいと思います。

 

引き続きどうぞよろしくお願い致します。

ありがとうございました。

ここまで*******

 

 

ワクワクするの。親が。

だって、子どもの好きに寄り添うから。

子どもがキラキラしてたら、親だったら、嬉しくなっちゃうものね。

そう。ぴったんかんの顔がなんども見れるってこと。

(←ぴったんかんは、ユーチューブ見てね。)

 

金額は、3日間で

253,000円(税込)

高いけど、高くないです。なぜなら、半永久的であるのと

日割りしてごらん。

継続できるコミュニティがあるからです。

 

本日、26日(月)20時から

申し込みスタート。

https://system.faymermail.com/forms/3392

定員10名

*すぐ埋まると思います。

—————————————————————————————

親勉チビーズ「観察実践プログラム」

—————————————————————————————

観察実践プログラムは、子育て、家庭教育の視点を高く持ち続けるための講座です。

受講生たちが実践を重ね、お互いが視点を高められていくことを目的としております。

【講 師】

イヤイヤ期こそ 天才性を伸ばす!子育て準備室

親勉チビーズ 代表 いしいおうこ

【対象】

未就学児童をお持ちのお母さん

幼児教育関係者(周囲に観察が可能な子どもがいる)

この度、親勉チビーズを受講されてなくても

受講可能となりました!!

なぜなら、観察はどんなメソッドで育てていても、

大事なことだから!!!

【講座時間】

全3日間(合計12時間)

【内容】

・モンテッソーリ教育の微細運動とレッジョエミリア教育の

ドキュメンテーションをベースにお母さんが

子どもの観察と学びの展開ができるように実践していきます。

・講座後、フェイスブックグループでも、継続的にレポートをあげます。(任意)

・お母さんの子どもの観察も学びの展開(種まき)も

アウトプットを何度もすることではじめて今までの知識が役に立ち

お母さんがいつでも自然とできるレベルに到達します。

未就学時代から知らないことを学んでいく方法を親子で獲得していきます。

■1日目

子どもとは

学びとは

観察

環境設定

プラ転

+3日間の実践レポート

■2日目

展開(体験展開・知性展開)

長期プロジェクトとは

自律

ネガ転・プラ転

+3日間の実践レポート

 

■3日目 *高次思考について解説していきます。これからの時代、絶対必要なこと。

学びのサイクル ←ここが、本当に大事。未就学時代にここを徹底したい!!

二次展開(展開してきたことを再考・発表)

長期プロジェクト作り(自由研究について)

+継続的な実践レポート

これねえ。今までの観察実践プログラムになかったとこなんです。

でも、大事なとこ。ここだけ見てもわかんないと思いますが。

あとね、チビーズの講座でやらない一歩踏み込んだとこがあります。

ここやって、はじめて、腹落ちした人いました。

【日程】動画対応可能!

オンライン参加型

再受講制度あり。(なんと無料)

1日目:5月29日(土)10時~15時

2日目:6月10日(木)10時~15時

3日目:6月20日(日)10時~15時

※1日目→2日目→3日目の順番でご受講ください。

※途中で1時間のお昼休憩があります。

【受講形態】

・オンライン受講(Zoomを利用予定です)

・動画受講(視聴期限は配信後1ヵ月です)

 

 

********

おうこの駄話

********

昨日のね。

養成講座の割引をね。

待ってました!とか。

今回は絶対申し込みますとか。

決意表明が止まらない。。。。笑

 

とりあえず、

売れっ子インストラクターの

一日の過ごし方をね。

YouTubeライブで配信しますので、

お楽しみに!

 

これが一番参考になると思うの。

LINEからURLを発行するから、

待っててね。

 

まずはこちらの

公式LINEに登録して、

詳細のご案内をお待ちくださいね!

▷▶︎▷https://lin.ee/KOcjQ75

もしや、5万5千円も割り引くのに、、、

 

追加で

 

10万円相当?

のプレゼント付き!

ということは、、、15万5千円分?得しちゃうってこと?

 

うそでしょ〜。わたし、、間違えちゃったかも。笑

1、おもちゃの取説動画3本セット 見放題!

2、本邦初公開!資質開花プロローグ!動画。

とうとう!いよいよ!チラ見せ。笑

さて、思いますよ。

このご時世に

知ってます?

すっごい儲かった人たちと

かたや明日の資金繰りにも頭を抱えている人の

格差を。

お金のあるところにお金は集まっていく。

世界的に見ても

軒並みがGAFAは、収益を上げてますね。

(米国の主要IT企業であるグーグル(Google)、

アマゾン(Amazon)、フェイスブック(Facebook)

アップル(Apple)の4社の総称です。)

 

日本もそうよね。

これがね。

今後もどんどん起こりうるんです。

え?わたし、そういうの興味ない?

え?だからダメなんですよ。

 

子どもが3歳の

もしくは、その近辺の子どもをお持ちの方!

子どもが自分で稼げるように

何が起きても、生きていけるように

そうするためには、

 

親が、現実を知ること。

少しでもいいから、親も副業なり、

なんなりで稼いでおくこと。

 

会社が、パートだったら、

隙間でできることを準備しておくこと。

 

東北大震災の時のわたしは、何もできなかった。

でも、コロナ禍のわたしは、オンラインにすぐに切り替え、

いつもと変わらず、それ以上に仕事ができた。

その強さをずーっと蓄え、準備してきた。

 

うちの子どもたちは、その姿を見ています。

親がこういう時にどう動いて、どう対処しているか。

地獄絵図で悩んでいる暇なんてない。

それよりもお母さんが自立し、

自分で考え、どうこの子たちを守るのか。

そっちをもっと考えてほしい。

そっちが大事。

だって、今3歳の子たちが大人になった時、

年収300万ってすごくない?

って時代がヒタヒタときているんです。

今は、それが平均年収。

でも、それが、すごいって

ほとんどが非正規雇用で170万前後の年収になるから。

そしたら、300万でもすごい時代になるんです。

それを乗り越えるためには、私たち親ができることは、

1、資産を残す→インストラクターになる。起業する。お給料のいい企業に転職する。掛け持ちする。

2、子どもの資質を伸ばし、金融教育をし、稼がせる→観察実践学ぶ。資質開花(まだ見ぬ。笑)を学ぶ。

ぐらいじゃないですか。

 

そのために私たちは、どう動くかです。

まずはこちらの

公式LINEに登録して、

詳細のご案内をお待ちくださいね!

▷▶︎▷https://lin.ee/KOcjQ75

 
 

********

おうこの駄話  2

********

 
観察実践のレポートです。
未就学時代に自由研究のようなことを
たくさんします。
 
 
なんでかって?
自分がわからないことを調べる練習です。
 
 
これって、学習の大原則だってわかります?
しかもね。
チビちゃんからできることだったんですよ。
 
 
なんで、今までそれをやるところがないんでしょうね。
できないって思っているんですよね。
 
 
いやいや。子ども、環境設定と
お母さんがほんのちょっと練習するだけで
できるようになるんです。
 
 
小学校上がるまでに子どもの好きから始める!
勉強でやっておきたい最強の習慣です。
 
 
 
これが、勉強の大原則だから。
 
 
 
しかも、これからの時代の。
いい学校入って、いい会社入って、の時代じゃないから。
 
 
 
【ケース54】4才9ヶ月
ハチミツ!
[経緯]
写真一枚目のチューブ入りのハチミツのパッケージ
(カナダとアルゼンチンに色がついている)を見て、
赤道直下の国ではハチミツは作られないのか?という疑問を持つ。
 
[展開?]
①仮説:蜂は暑さに弱くて暑い国では生きられないのでは?
②仮説を検証:ネットで調べると→蜂は暑さより寒さに弱い。なんと40度くらいまでは活動できる。
③仮説2:買ったハチミツがたまたま赤道をはずれた地域で作られただけなのでは?
④仮説2検証Ⅰ:ハチミツに関する絵本という絵本を借りて読む!
→ハチミツの作り方、生態はわかったけど産地や暑さ寒さによって
ハチミツ作りに影響あるかはわからず。
⑤仮説2検証Ⅱ:ハチミツ専門店ラベイユへ!
→産地別に瓶詰めされていたはず、と思い、
世界地図の白地図と色鉛筆を装備して臨んだものの…花別に瓶詰めされていた😱
(あとから、裏返して原産国見ればよかったことに気付くorz)
⑥仮説2検証Ⅲ:ネットで養蜂生産量ベスト10を調べる
1中国2トルコ3アルゼンチン4ウクライナ5ロシア6アメリカ7インド8メキシコ9エチオピア10イラン
→世界地図の上記に色を塗ってみる。
→ただ広い国が上位にきてる疑惑
でも赤道直下の暑い国もランキングに入ってるからどうやら作られてることはわかった!
⑦しつこく調べる!
「旧ソ連地域(主にウクライナ、ベラルーシ、ロシアなど)、
中国、北米、ヨーロッパの諸国など温帯、亜寒帯地域で盛んです。
これに対し、熱帯、亜熱帯に属する国々では蜜源などのバックグランドは豊かですが、
技術的課題が多く、それらの解決が待たれています。」
というのを発見!
→暑い国のハチミツを見かけないのは、
蜜蜂の問題ではなく人の技術の問題だった、と発覚!
 
⑧さらにしつこく調べる!
大人向けの「蜜蜂と蜂蜜の秘密を探る!」を読んだところ
「ジャングルハニーの採蜜」という項目で⑦を裏付ける情報発見
どうやら熱帯にいる蜜蜂は、一般的な養蜂で飼育されている西洋蜜蜂と
違い木のウロのような場所に巣を作るため巣箱には入らず、
巣箱を遠心分離機にかけて採蜜する方法がとれないらしい。ゆえに稀少。
→やっとすっきり。
 
息子はすでに絵本により通常養蜂の蜂蜜の作り方はいやというほど読んだので、
熱帯の蜜蜂の巣の様子を少し説明しただけで
「あぁ💡だから蜂蜜とれないんじゃない?」と理解しました。
 
[体験体感]
チューブ入りのハチミツと瓶入りのローズマリーハチミツを食べ比
→ローズマリーの香りはわからないけど、ザラザラしてて味もちょっと違う
[学問]
図形:カタチガリのコメントで書いたその後でやった内容
(蜂の巣は正六角形でハニカム構造。強度が高い)を覚えていたようで、
オモチャに六角のものを発見し「あ!これ頑丈なんだね!」
でも農薬や環境破壊、温暖化により蜜蜂が減っている。
食物連鎖や環境、受粉(性教育にも繋がった)についても話せて…深いぞ蜜蜂!!
 
 
 
 
 
わたし、、、こんなコメント書きました。
 
未就学時代に
仮説たてる。考察。結論。
仮設と違った。あきらめる。
いや、諦めない。
仮説2。考察。結論。
のぐるぐるを。
これが研究。
そして、失敗は、失敗にあらず。
多角的に考える力。やり抜く力。失敗を恐れない力。
を育むんです。完璧なんです。これ。
 
 
 
 
本当に観察実践プログラムって
最高なんです。
 
 
 
 
絶対、びっくりする天才が誕生しますよ。
資質が開花し、心も満たされている。
チビーズでお話しする幸せな天才です。^^
 
 
 
それがね。
親が環境を整え、情報提供することで、
どの子にだって、その可能性はあるんです。
 
 
 
 
こういうレポートが読める。
自分がその場に所属できるって、
すごい価値だと思います。