協会からのお知らせ

2020年12月 のお知らせ一覧

お待たせしました。一問一答

こんばんは。

親勉チビーズ協会代表

いしいおうこです。

 

さあ、あと、30分で

2020年が終わります。

 

だから!!!

お待たせしました。

今までね。

一問一答に申し込んでくれた方に

まとめて回答させていただきました。

お役に立てるかな。

こちらから登録して、

一問一答

って、入れてくれたら、URLが届きます。^^

https://line.me/R/ti/p/%40314whhym

**************
 
おうこの駄話
 
************
 
2020年はさ。
 
いろんなことがあったよね。
 
知ってた?
 
 
アメリカのミリオネラの人たちって
このコロナ禍になってから、
景気がよくてね。
 
 
すごいらしいですよ。
 
 
だから、なんなんでしょうか。
 
 
何が違うのでしょうか。
 
 
 
何をしていたら、守れるのかな。
家族を。
 
 
そう、考えるよね。
前よりももっと。
 
 
 
人間って、たくましいからさ。
 
 
 
そうじゃない人もいるけど、
でも、神は、乗り越えられる試練しか与えないから。
 
 
 
絶対大丈夫なんだ。
 
 
 
2020年、付き合ってくれた人たち。
出会えたひとたち。
 
 
2021年に出会える人たち。
 
 
子どもたち、そして、これから生まれてくる子どもたち。
 
そして、これからお母さんになる人たち。
 
 
世界中のお母さんたち。
 
 
家族に。
 
 
心から愛を込めて。
 
 
 
 

****************

<親勉チビーズとは>

親勉チビーズは、4歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。

従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に

親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから

遊ぶように学ぶことがより可能となった

今までにない画期的な内容です。

************************

こんばんは。夜分に失礼致します。

親勉チビーズ協会代表

いしいおうこです。

 

きた。

今年最後の。

仕事納めを共に過ごしてくれた

奇特なメンツ、、、、来てくれたよ。

 

でね。

楽しかったから。

また、来年も。

わたし、仕事納めは、子育て相談って

決めるわ。笑


***************
 
おうこ駄話 1
 
***************
 
 
さて、今日はね。
 
 
 
発達がグレーの子のお母さんへの朗報です。
 
 
 
人によって求めるものが違うと思うんですが、
 
 
 
実は、わたし、こんな講座をやるんです。
 
 
でね。この講座って、
だって、子どもっていろんな症状の子がいると思うの。
だから、基本はお伝えしますよ。子どもってこう言うものですと。
でも、じゃあ、あなたのお子さんだったら
どうするってみんなで考えていく講座です。
 
 
だって、みんな違うから。
でもね。
考えていく、創意工夫できる視点を持てるようになるの。
お母さんが。
 
 
そして、一人じゃないってこと。
みんながいるってこと。
 
 
チビーズの初中級と何が違うかって言ったら、
チビーズの初中級は、健常児のお母さんが大半。
個性のびのびは、診断がグレーの子のお母さん。
だからこそ、きっと悩みが共有できる。
横のつながりができていく。
 
 
 
親勉チビーズ「うちの子グレーゾーンかな?
と思ったら、お母さんが学ぶ発達個性のびのびクラス」
 
お申し込みはこちらから↓ ↓ ↓
 
 
 
『うちの子グレーゾーンかな?と思ったら。
お母さんが学ぶ発達個性のびのびクラス』
 
 
全6回 動画対応あり(グループワーク除く)
 
一回 3H
 
165000円→今回募集に限り132000円(税込)
 
上記先着10名まで適用。
*これ、あと何名か事務局が冬休みなんでわかりません。
よって、申し込んでからわかると思います。すみません><
嫌な人は、年明け開始してから、ご検討くださいませ。
 
 
概要
 
①集中活動について
2021年1月12日(火)10時~13時
 
②発散活動について
2021年1月24日(日)10時~13時
 
③表現活動について
2021年2月12日(金)10時~13時
 
④環境設定について
2021年2月28日(日)10時~13時
 
⑤プラスに転じる&資質開花
2021年3月11日(木)10時~13時
 
⑥資質から見る育て方最強ワーク
2021年3月28日(日)10時~13時
 
(どこから受講してもいいように構築する予定です。
ただし、6、最強プラ転深掘りワークからの
スタートは受け付けません。)
 
 
✔︎うちの子、何だかちょっとみんなと違うなあ
✔︎集団行動ができないなあ
✔︎お友達との交流がなさそうだなあ
✔︎言葉が文章にならないなあ
✔︎みんなは楽しそうにお遊戯しているのに何もしないなあ
 
 
発達障害までいかないけど、
なんだかグレーっぽいなあ。
個性で片付く範囲かなあ。
なんでできないのかな。ついイラっとしちゃうなあ。
など。
 
あくまでも診断が出ない子どもを持つ
そこまでもいかないけど、うちの子なんか違うかも。
お母さんのための講座です。
 
もしくは、そのことがすごく気になってしまって、
毎日心配で仕方ない。
どうやって、その子達の資質を伸ばしていくのか。
仲間が欲しい。
 
コミュニティが欲しい。
 
一人で心配。
 
 
そういう人のための講座です。
 
だから、仲良くやるよ。^^
 
 
あのね。
もし、自分の子が
グレーっぽいな。って思っていたら。
 
きっとね。
今、育てるのちょっと苦労している人もいるかも。
もしくは、自分の育て方が悪いって思っているかも。
もしくは、私はあまり気にしてないんだけど。とも。
 
 
でもね。
 
チビーズって、どんな子でも
うちの子って、最高!って思えるようになる。
 
だって、わたしが、そうやって、ずーっと言い続けるから。^^
 
個性のびのびクラスが通常のチビーズ講座と違うのは、
横のつながりという点もそうですが、
 
 
どうやって、この子たちをこれから育てる?
どうやって、この子たちが社会に出た時、自分たちが死んだ時
この子を生かすためにはどうするという
究極に大事なことを考えるための頭脳を
みなさんにお渡しします。
 
 
 
あのね。
子どもが小さいうちから、
それをどうするか考えながら、
準備しながら、私たちは生きるんです。
 
 
それが、親の覚悟だよ。
 
 
どんな子だって、ちゃんと最後まで
生かす。
 
 
だってね。わかってもらえなくて、
不良になっちゃう子だってたくさんいるの。
 
いい?
 
発達遅延がほんの少しあって、調査したら、
ケーキが3分の1にカットできなかったっていう。
 
 
それは、親が理解してあげられなかった。
 
おまえは、なんでわからないんだって叱り続けた結果が、
その子たちを不良にしたんです。
 
 
違うでしょ。
 
 
自分の子は必ず素晴らしいところを持っていて、
お母さんが大好きで。
 
まっすぐで。
 
だったら、お母さんは、どんな子だってよ。
応援して、その子が精一杯生きれるように
 
 
その子がその子らしく。
 
 
めいいっぱい花が開くよう、自立をさせながら、
環境設定をし、情報提供を
 
 
 
その子のレベルに合わせて、
してあげるってことじゃないですか。
どんな子だって。
 
 
ケーキを3分の1に切ることが理解できなかったら、
2分の1から教えたらいいじゃない。
それすらできないなら、もともと小さいものを
スプーンで食べたらいいじゃない。
 
 
親子で、笑い合いながら、つつき合って、
美味しいね。って食べたらいいじゃないの。
そんなん。カットなんてできなくたって!!!
 
 
でね。
足りないところをどうやったら補足できる?
なんだったらいい?
 
 
 
なんでわからないのと
なんでうちの子がと
 
 
 
 
 
責める気持ちは、
そこに1ミリも存在しない。
 
 
 
 
 
 
じゃあどうしたらいい?それだけです。
 
 
***************
 
おうこ駄話 2
 
***************

こっちはビジネスの話。

関係ない人は読まなくていいよ。

あのね。

まあ、わたしがビジネスのこと語るなんて、

1年に一回しかないんだけど。笑

でも、必ずある貴重な一回。笑

 

あのね。この前ね。思ったんです。

みんな、フェイスブック、ライン、インスタグラム

ブログとか、やってて、本当に大変だなって。

 

毎日、どれかは必ず。

わたしはね。ブログなんて、ほとんど、放置。笑

インスタも中途半端。笑

ラインに至っては、告知のみ。しかも、不規則。

YouTubeに至っても、限定公開。笑

フェイスブックも毎日1回あげたり、3回あげたり、あげなかったり

超ムラムラ。ムラコ。

 

なんじゃ!こりゃ!

なんですよ。

 

唯一。。。。唯一。。。

この記事だけが!!!天国♡

これだけは、ほぼほぼ毎日書いてる。笑

どこに行っても。

 

だって、

日記だから♡

 

でね。なんで、起業している人って、とっととメルマガやらないんだろう。

って思う。

だって、こんなに楽しいのに♡

みんなが反応してくれるんですよ。

こんな楽しいことないですよね。

解除もあるよ。

でも、そんなの当たり前だし。

書く内容なんて、その日あったことだよ。

だから、おうこ日記をみんなは読ませられているんです。笑

だのに。

だのに。

売り上げは止まらない。

講座は、みんながバンバン申し込んでくれる。

ありがとう♡

どんなにブログからなんとか!とか言っても。

どんなにアメトピとっても。

絶対メルマガです。

 

声を大にして、言うよ。

メルマガです。♡

 

継続して、そうだね。

初中級クラスの講座を販売するなら、メルマガ。

1000円単発だったら、LINEでもいいけど。

だから、起業決めたら、次の行動は、

お金貯めて、メルマガ大学です。

 

で、じゃあよ。一体どこのメルマガ大学に入ったらいいの?

それはね。

わたし達は、一体なんのためにメルマガ大学に入るの?

をよく考えてみてください。

 

目的はなんでしょうか!!!

メルマガ大学に入ることがゴールなんでしょうか。

メルマガを発信することがゴールなんでしょうか。

では、長くなったので、今日はここまで。

 

ごめ。。。

仕事納めで、疲れちゃった。

あ!あと。
12月にチビーズの養成講座に申し込んで、
お支払いもお済みの方で、受講が決まっている人
 
全員!!!!
 
 
わたしのフェイスブックに友達申請してください。
メッセージとともに。(メッセージない人は、許可しないので
気をつけてください。)
 
 
 
申し込んだ人だけが
入れるメッセンジャーグループに招待します。
 
 
 
よろしくお願いします。
 
 
いしいおうこ

 

****************

<親勉チビーズとは>

親勉チビーズは、4歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。

従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に

親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから

遊ぶように学ぶことがより可能となった

今までにない画期的な内容です。

************************

おうこ解体新書 ながっ!!

こんばんは。

親勉チビーズ協会代表

いしいおうこです。

 

後回しにしようと思ったんですが、

でも、やっぱり、子どもがこの年齢の時に

受けたいって思いました。

これから、ずっとこの視点を持っていたいので、

決断します。

いつでもおうこ先生に

聞ける。励ましてもらえるなんて。

嘘みたいです。考えてみたら、

そんな講座他にないんだなと思って、

申し込むことにしました。

 

そうやって、

次のステージに

勇気を持って、チャレンジしている

その姿を子どもは見てますからね。

 

チビーズの講座だと、

どうしても数稽古まではできないんです。

だって、3日間しかないから。

 

知識は与えます。

テクニックもお伝えします。

考え方も。

捉え方も。

視る方法も。

 

でも、実践まではできないのです。

それからね。

自信にも繋がる。

やった!私!という。

 

そして、やっぱり、

コミュニティーですね。

支えは。

 

いつだって、わからなかったら、

そこで聞けるし。

他の人の投稿見て

焦る人もいるかもしれませんが、

それは、いつだって、人と比べないって

言ってますよね。

チビーズの本講座で。

あれだけ、言って。

まだ、比べるの?って。

 

自分が視点を高く保ち続けるために

入るんでしょ。仲間になるんでしょ。^^

その存在すら、他の人にはないんですよ。

もし、子どもがこんなことで傷ついてきたとか。

そんなことだって、もしかしたら、

相談できる仲間との出会いになるかもしれません。

 

数稽古なしに、観察力、

そして、こどもの世界を広げる展開力は

マスターできません。

勉強好きな子にさせたいなら、観察実践プログラム。

特に、与えられた勉強でなく、自らが行動する研究のやり方を

未就学時代の子どもに提供していくんです。

 

するとね。

シャボン玉見ても、

分子記号に見えてくるという・・・。笑

 

1日目は、観察の数稽古をしていきます。

すると感情を別にして見えて来ます。

すると感情で揺さぶられることがないので、

しっかり観察できるようになっていきます。

 

2日目は、展開をしていきます。最初はできなくて当たりまえ。

そこから、なんとなく展開グセがついて来ます。親の方に。

いつもえーっとどんなこと展開しようかな。で、他の人の投稿見ながら、

 

あ、今度これやってみよう。うちの子は、ちょっとヒットしなかったな。

今度、センスオブワンダーなことってなんだろう。そうワクワクしながら

待てます。

***************

おうこの駄話 1
 
************
観察実践プログラムのレポートです。
 
 
ここから。
 
 
【ケース36】4歳2ヵ月
 
我が家のリビングにも[地獄]が!(まぁいつもですが(笑))
でも一瞬うわっ、と思いつつよく観察すると
 
①全部進行方向が同じ
②多少まじってるけど基本動くもののみ
③けっこう等間隔
 
これは[秩序]だし[ストーリー]があるに違いない
私「ずいぶんきれいにたっくさん並べたね~。みんなどこか行くところなの?」
子「そう!ソファのおうちに大移動しているんだよ」
私「そか!じゃあ屋根あるおうちにしようかー、みんな入ってくださーい」
片付け用の袋の口を開けてソファに
置いたらみんなゾロゾロ袋に帰っていきましたとさ。
めでたしめでたし。
 
[思ったこと]
ダンテの地獄門は「汝一切の望みを捨てよ」ですが、
チビーズで地獄に対峙した場合は
「汝一切の感情を捨てよ」ですね。
 
感情を一切排除して対象への興味だけ持って観察していると、
子供がなんのために何をしてるのかが
ハッキリ見えて[感動]という天国の門が開きます。
 
感情を排除するっていうと一見マインド風ですが、
完全に数稽古で習得できるスキルです。
 
約1年ここで数稽古しているうちに
「うわっ」と思った瞬間にカチッと
観察に入れるスイッチが入るようになりました。
 
きっとそのうち「うわっ」も思わなくなるんだろうなぁ。
うちの「やり方を知らない大きな人(=夫)」は
子供がおもちゃを広げ始めただけで片付けろ
とブツブツ言ってるので、
こっち側にきたらおもしろいし無駄に
イライラしないのになぁー、と思ってみています(笑)
↑教えようとしても聞く耳がないので
「理不尽を教える人」でいてもらってまーす
 
 
ここまで。
 
 
これ、一番好きなレポート。笑
 
だから、最後にご紹介。
 
 
だってさ。こんな風にね。
お母さんに観察眼さえあったら、
なんの軋轢もなく、過ごせるんです。
 
 
無駄に叱ることがなんと少なくなることか。
 
 
そして、いいこと言っているね。
 
感情を切り離すと、感動という門が開くのです。
本当に!!!本当なの!!
理由がわかると、、、
もうね。そこに感動しかない!
 
 
何度、、、子どもを抱きしめたことか。
ああああ、そうだったんだ。
いやん。あなた!!!すごすぎる!!!!って。
 
 
みんなにもその感動を味わってほしいな。
 
 
で、感情を切り離すっていうと、そうだね。
マインド系って思うかもしれないけど。。。。
 
チビーズってそんなこと全くない。
全ては理論でできているのです。
 
なぜって?
だって、わたしが完全にそういう人間だからです。笑
 
漠然としているものが意味がわからないって
思っているところから、
チビーズって構築していっているので、
だから、マインドじゃないんです。笑
 
 
 
こんな合理的なプログラムってないですよ。
というぐらい。
 
 
 
ああ。。観察実践プログラムが好き。笑
 
 
 
************
 
おうこの駄話 2
 
************
 
 
ここから、おうこ解体新書なんだもん。
 
今日ね。
 
新生チビーズの勉強会だったの。
 
 
でね。
 
んまああああ。喋り捲ったわけですが。
 
最近言っている。
 
好き*才能=収入
(あえて、ここでは、才能にしてみた。)
 
才能とは、
 
資質*プラ転+数稽古=才能
 
 
じゃあ。
 
おうこ解体新書。
 
おうこは、頑固という資質を持っている。
 
プラ転する。
 
軸がある。いつでも自分を持っている。
 
数稽古
 
自分はこう思う。わたしは、こう。
ここ、親に応援され続ける。笑
 
 
すると、だんだん才能になっていく。
わたしがわたしの見解を言うことに磨きがかかる。
すると、漠然としなくなる。必ず、誰かに言うつもりで
世の中を見るようになる。だから、感じていることすべてが
具体的に話せるようになる。なんとなくいい!とか、
なんとなくいや!がないんです。もちろん、最初は、なんとなくです。
でも、そこから、人に言うためになんでわたしはこう思うんだ!を
常に考えるようになる。これ、頑固が資質。
 
 
子どもの観察が好き。ヒトが好き。ヒトがどうやって生活しているかが
たまらなく好き。
(ここ。若い時に文化人類学が好きだったのも同じ理由。
3歳の時にホームレスになりたいって言ったのも同じ理由。)
→これ、人生を通じて、好きなこと。
 
 
 
ヒトの観察が好き * 軸がある。見解がある。一過言ある。=収入
 
 
ここがグルグル回る。
 
 
結果
 
人生が
楽しくって仕方ない。
 
 
そして、今は、こどもたちにも
世の大人たちにも
こうやって再現性を持って、獲得してもらいたいと思う。
ゴールデンリングを。
 
 
 
こんな感じで
おうこは出来上がっているのでした。
 
 
 
 
 
3度の飯よりチビーズが好き?誰か、言ってたな。笑
エイミーか。笑
 
 
 
そうね。360度、常にチビーズ視点という変態が
わたしの他にも、笑。
 
 
もれなく、出来上がりつつあるのでした。笑
 
 
 
 
みんなもやってみ。
 
 
 
 

****************

<親勉チビーズとは>

親勉チビーズは、4歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。

従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に

親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから

遊ぶように学ぶことがより可能となった

今までにない画期的な内容です。

************************

資質を伸ばす子育て

こんばんは。

親勉チビーズ協会代表

いしいおうこです。

 

 

あのね。

いろんな方のレポート載せさせていただいておりますが、

そうそう。秀逸なのが多いよね。

だって、そういうの選んでんだもん。笑

未受講組をビビらせてどうする。。。笑

ちょっと、自慢したくて。笑

この講座すごいでしょ。って。笑

もっとシンプルだったり、

これ、途中だけど載せちゃいます!っていう人もいるし。

ここから先、どうしたらいいかわかりません!!

とか、それでいいんですよ。

みんな優しいもん。

もしくは、おせっかいだもん。爆

子どもがもっと小さいとここまで詳細じゃないし。

子どもがいないと見ているだけになる場合もある。

でも、それでいい。

だって、秀逸なレポートあげることが

ゴールじゃないよね?

あれは、単なる記録なだけ。

いいんですよ。そんな人の目なんて!

自分のために受けるんでしょ。

その視点の高さを保つために。

だから、いいの。

でもここに身をおいておくこと、

眺めていること。(いじけずに←ここが大事。

負の感情は、動かなくていい。無駄。)

それがものすごい大事。

 

このコミュニティーにいるだけで、

子どもを勉強?いや、違いますね。

研究好きにするチップスを手にすることができるでしょう。

 

この観察実践プログラムのゴールは、

小学生になってから、

子どもが夢中になって、自分で探究するやり方を会得すること。

そういえば、、、ようやくオタクの時代がやってきたって

オタクが認められ始めていると、、、誰かが言ってましたね。

要はね。様々なメディアを誰もが持てる時代になったでしょ。

 

要は、

バズる

です。

バズれちゃうから。

 

だから、昨日まで全く着目されてなかった

何かに突出した人が

バズって、

一晩で有名になることができるんです。

 

するとね。

オタクって一掃されていた人たちが、

市民権を得るんです。たったの一晩で。

 

そして、それは、好きが土台にある人たちです。

オタクっていうと語弊があるかもしれませんが、

変態か、変態って言われているのかな。今の言葉でいうと。笑

20歳そこそこの人が、TIKTOK や YouTubeでバズって

有名になっていく。

そういう時代です。

 

それは、突き詰めていたことが

認められていくことでもあります。

あ、ちなみに幼児教育の変態って、

私言われたことがあります。笑

 

観察実践プログラムは、

現代に合った、

いや、現代に求められている

力を未就学時代から作っていくものです。

皆さんのお子さんはまだ小さいから

イメージが浮かばないかもしれませんが、

今、この熱中力がない子がすごく増えているんです。

何でも用意されている状況。

 

これがやりたい!欲しい!の気持ちが

育まれる前に

お母さんたちが賢すぎて、

先回り育児をしている人が多すぎる。

 

だから、反抗期もないし、

熱中力もない。

あれがやりたい。これがやりたい。

が、それを思う前に

親が与えてしまっている。

 

そうすると、

何が好きで、何が嫌いか。

何を突き詰めていきたくて、

そんなことがわからなくなっていってしまうのです。

 

観察実践プログラムでは、観察と展開をベースに

その熱中力を育てていくプログラムです。

これは、本格的にチビーズを使いこなす登竜門。

数稽古なしに、観察力、

そして、こどもの世界を広げる展開力は

マスターできません。

 

************

おうこの駄話
 
************
観察実践プログラムのレポートです。
 
 
ここから。
 
 
ケース17 チャイルドシート
3歳4カ月三女
 
[観察]
左:右手でチャイルドシートの
留め金右側をもち、左手で左半分を噛み合わせている。
右:右手でかみ合わさった留め金の右部分をもち、
股の留め金を左手で持ち上げて差し込もうとしている。視線は手元。
※大概ここで左右の留め金が外れてしまう
最近は、2回に1度くらい成功する
 
[考察]
保育所からの帰り道(18時ころ)の光景。
初めにやりたがってから、1年半は経過している。
当初は、早々にとりあげ、暴れるのを押さえつけて
シートベルトをし、三女の泣き喚く声をBGMに帰宅、という日々… 
チビーズ受講後のここ2-3カ月、
時間でアラームが鳴るようにして、10分程度他の子に待ってもらい、
練習させたところ、一人でできるようになってきた。
この子は、粘り強い!
妨害(私。)にあっても、やる気を持続させる力がある。
ついでに他の子も、小さい人の育ちを応援するために、
待ってあげるという練習ができたかも。
 
[体験展開]
押し込む:
○大人用シートベルト、他のタイプのチャイルドシート
●リュックの留め金(手を挟んでしまってモチベーション低下中)
シートベルト関連:●外すのも自分でできるとよい
(練習中。走行中外さない、は理解できている様子)
[知性展開]
●家庭科?
シートベルトをする意味、チャイルドシートの意味 自動車事故について
●社会
道路交通法、車の免許
○算数
二回トライして一回成功したら、1/2(50%)の成功率。(これって下げ褒めになっちゃうかな?とも思いまだやっていない。上の子にアナウンスしてもいいかも)
 
 
ここまで。
 
 
このレポートのいいところは、
お母さんにこの子の資質の気づきがあるところ。
 
 
こうやって観察をしていくと
他の兄弟との違いが見えてきます。
 
 
すると、あとはピカピカにしていったらいいだけなんです。
 
 
資質を伸ばす子育てなんて、簡単です。
子どもも嬉しいし、資質だから。楽なんです。
資質に合ってないことをヤレヤレ!!!って言っても
衝突するだけなんです。
 
 
だから、資質を見つけられるって大事なんです。
そして、お母さんが展開力が合ったら、
学習面でもいいよね。
要は、子どもに学習のやり方を教えてあげるんです。
 
 
 
未就学時代にそれができたら、
小学生までの最高の準備期間になりますね。
 
 
 
 
 
 

****************

<親勉チビーズとは>

親勉チビーズは、4歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。

従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に

親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから

遊ぶように学ぶことがより可能となった

今までにない画期的な内容です。

************************

ひゃっほう!笑

こんばんは。

親勉チビーズ協会代表

いしいおうこです。

 

 

***********

おうこの駄話

***********

あのね。

ちょっと若干興奮症気味だったのかな。

明らかにそれって、問題行動って

命名することもできるのですが、

それを

ひゃっほうって付けてました。笑

 

問題行動を問題行動とすることもできるんだけど、

問題じゃない時だってたくさんあって、

そう思うと

問題行動って言えなかった。

だから、ひゃっほうって名付けた。

 

そしたら、席に座って

先生の話を聞けなくても

あ、すみません。

また、でちゃいましたか。

ひゃっほう・・・って。

真顔で言えるようになったんだ。

 

そうして、3歳のわたしは、母が担任をしている

年長さんの部屋へ連行されたのでした。

連行理由(罪名)

ひゃっほうが酷すぎるため

 

ねえ、お母さん。

わたし、今では、結構立派にね。

慕ってくれる存在になれましたよ。

あの時、がんじがらめに

年少さんのお部屋にいさせることもできたのに。

なんと自由にあっという間に

あっさりと連行してくれましたね。

ありがとう。

 

世間なんて気にしない母のおかげで

わたしは、いつだってのびのびと生きてこれました。

母は、病気のデパートみたいな人で。

多感な頃から、

わたしたち家族は、

笑うのも

喧嘩をするのも

叱られるのも

泣くのも

それは、すべて

思い出づくりだったように思えます。

 

いつ壊れるかわからないこの家族という繊細な均衡を

保つための演技だったのかもしれません。

でもね。演技だっていい。

人生が思い出づくりだとするならば、

そうね。

60点は、つけたいと思う。

それでいい。

だからこそ、

地獄絵図と思い、悩み、苦しんでいる家庭を

強く強く救いたいと思うのです。

人生は思い出づくり。

よき思いも。

悪しき思いも。

人は、来た道をただ帰るだけなんです。

だから、今を満たされて生きたいよね。

だから、思いっきり、

わたしは

わたしの人生の舵を取る。

****************

<親勉チビーズとは>

親勉チビーズは、4歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。

従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に

親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから

遊ぶように学ぶことがより可能となった

今までにない画期的な内容です。

************************

ぜひ、励みになりますので、ほんの一言でもいいので、

是非とも、是非とも、メッセージお待ちしておりますね。

待ってます!!

質問があったら、公開質問とさせていただきます。

また、いいなと思った記事がありましたら、

どんどんシェアしていただいて結構です!!

oko@bonheur-de-sakura.jp