協会からのお知らせ

2020年12月 のお知らせ一覧

ひゃっほう!笑

こんばんは。

親勉チビーズ協会代表

いしいおうこです。

 

 

***********

おうこの駄話

***********

あのね。

ちょっと若干興奮症気味だったのかな。

明らかにそれって、問題行動って

命名することもできるのですが、

それを

ひゃっほうって付けてました。笑

 

問題行動を問題行動とすることもできるんだけど、

問題じゃない時だってたくさんあって、

そう思うと

問題行動って言えなかった。

だから、ひゃっほうって名付けた。

 

そしたら、席に座って

先生の話を聞けなくても

あ、すみません。

また、でちゃいましたか。

ひゃっほう・・・って。

真顔で言えるようになったんだ。

 

そうして、3歳のわたしは、母が担任をしている

年長さんの部屋へ連行されたのでした。

連行理由(罪名)

ひゃっほうが酷すぎるため

 

ねえ、お母さん。

わたし、今では、結構立派にね。

慕ってくれる存在になれましたよ。

あの時、がんじがらめに

年少さんのお部屋にいさせることもできたのに。

なんと自由にあっという間に

あっさりと連行してくれましたね。

ありがとう。

 

世間なんて気にしない母のおかげで

わたしは、いつだってのびのびと生きてこれました。

母は、病気のデパートみたいな人で。

多感な頃から、

わたしたち家族は、

笑うのも

喧嘩をするのも

叱られるのも

泣くのも

それは、すべて

思い出づくりだったように思えます。

 

いつ壊れるかわからないこの家族という繊細な均衡を

保つための演技だったのかもしれません。

でもね。演技だっていい。

人生が思い出づくりだとするならば、

そうね。

60点は、つけたいと思う。

それでいい。

だからこそ、

地獄絵図と思い、悩み、苦しんでいる家庭を

強く強く救いたいと思うのです。

人生は思い出づくり。

よき思いも。

悪しき思いも。

人は、来た道をただ帰るだけなんです。

だから、今を満たされて生きたいよね。

だから、思いっきり、

わたしは

わたしの人生の舵を取る。

****************

<親勉チビーズとは>

親勉チビーズは、4歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。

従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に

親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから

遊ぶように学ぶことがより可能となった

今までにない画期的な内容です。

************************

ぜひ、励みになりますので、ほんの一言でもいいので、

是非とも、是非とも、メッセージお待ちしておりますね。

待ってます!!

質問があったら、公開質問とさせていただきます。

また、いいなと思った記事がありましたら、

どんどんシェアしていただいて結構です!!

oko@bonheur-de-sakura.jp

 

チビーズを使いこなすアレ

こんばんは。

親勉チビーズ協会代表

いしいおうこです。

こちらただいま受付中

 

エイヤってチャレンジしました。

どうしても子どもに勉強が好きになってもらいたい

と思って、決意しました。

ガチ勢になりたいので。笑

 

やはり、ここを知らずして、チビーズを語れないって

思っています。

 

これって、まさにこれからの時代の

学習の方法ですよね。これからとても大事になってくるって

思ったので、申し込みました。

 

おうこ先生とやりとりがずーっとできるなんて

そんなコミュニティに参加できるなんて、

それだけで申し込むのを決めました。

という声をたくさんいただいています。

 

このコミュニティーに所属するだけで、

子どもを勉強?いや、違いますね。

研究好きにするチップスを手にすることができるでしょう。

 

この観察実践プログラムのゴールは、

小学生になってから、

子どもが夢中になって、自分で探究するやり方を会得すること。

 

そして、それは、好きが土台にあるので、

瞳の輝き度が違うんです。

するとね。好きになるという練習にもなるし。

(好きになることが難しいのですよ。今の子たちは。)

 

そして、それを好きって思って

そこに熱中できる

その力をつけていくのです。

 

これが、どれだけ、大事なことかわかります?

皆さんのお子さんはまだ小さいから

イメージが浮かばないかもしれません。

 

ところが、

今、この熱中力がない子がすごく増えているんです。

何でも用意されている状況。

これがやりたい!欲しい!の気持ちが

育まれる前に

お母さんたちが賢すぎて、

先回り育児をしている人が多すぎる。

 

だから、反抗期もないし、

熱中力もない。

あれがやりたい。これがやりたい。

が、それを思う前に

親が与えてしまっている。

 

そうすると、

何が好きで、何が嫌いか。

何を突き詰めていきたくて、

そんなことがわからなくなっていってしまうのです。

 

観察実践プログラムでは、観察と展開をベースに

その熱中力を育てていくプログラムです。

これは、本格的にチビーズを使いこなす登竜門。

数稽古なしに、観察力、

そして、こどもの世界を広げる展開力は

マスターできません。

***************

おうこの駄話

************

今ね。

連日コンテンツ作りで

死にそうになっているの。

ほら、最後まで粘るから。

そしたらね。

ちょっとゴールが見えてきた。

新生チビーズ。

半分は同じ。

でも、、、

でも、、、、

どうしよう。

すっごい、いい。笑

きゃーーー。どうしよう♡

わたしね。

チビーズでもう言うことなんてもうないよね。って

思ってたの。

それだけ完成してるって思っていたし。

なのに。

あああ、だから、わたし

もっと言いたいんだ。

お母さんたちが

これをこう、心から理解できたら、

もう、子育てが楽しいどころか、

親ってこういうものなんだって

心から理解できるだろうなって思っている。

どんな親に育てられていても、

あなたが自分の子どもにとって

最高の親になるための

親勉チビーズ初中級講座なんだなって思います。

本当に子育て準備室です。

わたしは、初中級講座を開講しておりませんので、

開講情報はここから!

精鋭インストラクターの予定がここから見れます。

https://oyaben-chibis.com/seminar/

再受講したい方は、もう少しお待ちください。

さてと、今夜は、これから、

チビーズ手作りおもちゃの忘年会♡

いってきまーす!!

あ、知育遊び、知育おもちゃの

とってもためになるチビーズインスタグラムは、こちらから。

フォローよろしく。

https://www.instagram.com/oyabenchibis/

**************

<親勉チビーズとは>

親勉チビーズは、4歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。

従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に

親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから

遊ぶように学ぶことがより可能となった

今までにない画期的な内容です。

************************

ぜひ、励みになりますので、ほんの一言でもいいので、

是非とも、是非とも、メッセージお待ちしておりますね。

待ってます!!

質問があったら、公開質問とさせていただきます。

また、いいなと思った記事がありましたら、

どんどんシェアしていただいて結構です!!

oko@bonheur-de-sakura.jp

 

こんばんは。

親勉チビーズ協会代表

いしいおうこです。

 

観察実践プログラム 

 

このプログラムでようやく、

本当に腹落ちしました。

わたしの人生を変えたのは、このプログラムでした。

 

これから、どんな子に育っていくのか、

わたしがこんな風に子育てを意図的にできるようになったのは、

このプログラムに参加したからです。

 

ここのコミュニティーが

ものすごい面白いことになっていて、

最高の環境だなって思います。

という声をたくさんいただいています。

 

このコミュニティーに所属するだけで、

子どもを勉強?いや、違いますね。

研究好きにするチップスを手にすることができるでしょう。

この観察実践プログラムは、ゴールは、

小学生になってから、

子どもが夢中になって、自分で探究するやり方を会得すること。

そして、それは、好きが土台にあるので、

瞳の輝き度が違うんです。

 

ねえ。だって、こんな時代だからこそ、

子どもたちが瞳を輝かせ、未来に希望を持ち、

生きていってもらいたいですよね?

 

今ね。コロナの影響で、多感な時期の子どもたちが

それどころじゃなくなってね。

精神的に不安定になっています。

それに打ち克つほどの熱中力をもたせたい。

 

不安だからこそ、しっかりと前を見据え、

わたしは、これが好きだから!って

この気持ちを強く持って、未来に絶望してもらいたくない。

生きるのが嫌だ。

死にたいと。

そう思う子どもたち。

自分を大事にせずに傷つける子どもたち。

そんな子を増やしたくない。

それには、これが好き!

とても好き。

こんなことがより一層大切になっていくのではないだろうか。

そして、子どもたちは、好きなものに熱中し、突き進む

その数稽古をするんです。

これを経て、初めて

好き*資質=収入 のゴールデンリングを射程距離に入れて

生きていけるのです。

大人はね。好きなものを受け入れ、チャンスと捉え、

環境設定と情報提供ができるようになります。

そして、何より、抜群の観察眼を手に入れることができるようになります。

数稽古ですから。

すると、彼らが大学生になっても、社会人になっても

その方法は効果を成し、子育て人生20年。

全く違う世界を歩むことになるでしょう。

あ、もちろん手放していくので、

関わり度は、ステージが変わっていくのですが。

子どもの成長に合わせ、

愛し方が変わっていくのです。

****************

<親勉チビーズとは>

親勉チビーズは、4歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。

従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に

親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから

遊ぶように学ぶことがより可能となった

今までにない画期的な内容です。

************************

ぜひ、励みになりますので、ほんの一言でもいいので、

是非とも、是非とも、メッセージお待ちしておりますね。

待ってます!!

質問があったら、公開質問とさせていただきます。

また、いいなと思った記事がありましたら、

どんどんシェアしていただいて結構です!!

oko@bonheur-de-sakura.jp

 

こんばんは。

親勉チビーズ協会代表

いしいおうこです。

**************

おうこの駄話

***********

観察実践プログラムという

親勉チビーズの初中級を受講済みの方しか

受講できない。

道場という名を持つ

数稽古です。

 

子どもを賢く、小学校上がっても

勝手に勉強する子になるための

未就学時代の過ごし方をお母さんに教えている

プログラムが観察実践。

単に勉強ができる子にするなら、他にいっくらでも

方法があります。ニンマリ。

違うんだなあ。

 

観察実践受講済みの人は、

だんだん意図していることに

勘づいてきていると思うけど。笑

単なる勉強好きにするのと、ちと違う。

 

ね。

あのね。

いわゆる天才と言われている人の

幼少期を徹底的に調べていって、

編み出した方法でもある。実は、これ、言ったことがない。笑

そもそも、上っ面の天才とかバ○とかお受験とかにあまり興味がない。笑

あ、結果続々合格とかそういうのはありますよ。

でも、そのために躍起になるのは、興味がない。

好きで、好きで、好きだから、

そこに情熱を傾けるという

結果、気づくとそれが、勉強になっている。

いや、勉強どころか、研究になっているという方法です。

(親子コミュ受講している人は知っているでしょ。)

風の時代到来と共に、研究の時代突入です。

(笑、、、ごめ、知ったかした。風って、風って、、、

風は風でも、わたしは、藤井風派。笑)

 

これね。

わかりやすくいうと

未就学児に自由研究の練習をしこたまするという

講座です。要は、勉強?いや研究のやり方を未就学時代に

教えてしまいましょう。っていうものの実践編です。

だってね。片付けの講座でも伝えているからね。

やり方は。

 

ですが、それだけだと

お母さんがよっぽと精神的にタフでないとできない。

だから、みんなでやろうよ。っていうのが

このプログラムであり、コミュニティーです。

ですが、ただ、コミュニティーに属しただけでは

できるようにはなりませんね。

やはりある程度講座で数をこなしてからでないと。

そういうこと。

 

これからはねえ。

ある程度5教科できるのは当たり前ですが、

それ以上に突出したナニカを持っていることが

求められているんです。by 某有名進学校の先生 

そんなの口を酸っぱくして言ってますね。わたし。

だから、親子コミュニケーションを作ったんですもの。

そういう子を世に輩出したいから。

そこで、着目したのが、小学校生活で行なう自由研究。

毎年、自由研究ってニュースに取り上げられていて、注目されています。

下手したら、すごいの作って、SNSでバズったら、

もう、企業も着目するということまで起きる世の中です。

なので、観察実践プログラムって、自由研究レベルが

未就学時代に可能になっていくっていうすっごい楽しいプログラムです。

別名、未来チビーズ研究科と名付けよう。笑

 

学習の素地をつけるために、お母さんが観察と展開の練習を

100トレ(講座では、少ないけど。でも、ワークも入れたら、いつかなるよね。)

残念ながら、初中級だけでは、観察からの

展開の数稽古が全く足りないんです。

仕方ないよね。3日間で終わるので。

観察実践プログラムの講座は、2日間しかないのに。

そのコミュニティーでそれこそ、何年も続けていいわけです。

しかも、情報は常に更新されていく。

素晴らしいコミュニティーです。

 

子どもの好きがベースだから、

その食いつきが違うんですよ。

もちろん、いつか役立つと思って、

展開していくんですけど。

まあ、楽しくなっちゃってね。

子どもと知識が繋がっていく瞬間が

お母さんも、一緒に感動ポイントになっていくんです。

そして、子どもへの観察眼が上がる上がる上がっていくんです。

結局、やっぱり数稽古なんですよねえ。

この観察眼が、すごいことになっていくんです。

子どもの資質もわかっていくし、

子どもへの学びの世界の広げ方もわかっていきます。

でも、一人じゃやらないですよ〜〜。

だから、このスタイルにしたんです。

チビーズの中でも今の所

観察実践だけですよ。

他にメンバーがいるから続くんですよね。

ここから***

【ケース1】1歳8カ月

観察

・右手手の平に虫を乗せている

・左手人差し指で虫を指している

・両足は開き気味で座っている

・目線は虫を見ている

・口はとんがっている

展開

【知性展開】

・ダンゴムシやアリなどほかの虫を乗せてみる

・夏に比べて虫が少なくなっていることとその理由を伝える

・昆虫図鑑で何の虫なのか調べる

【知性展開】

・この虫の生息地や越冬の有無などを調べる

・越冬できる虫とできない虫の違い

・夏眠する虫について調べる

家族全員で昆虫図鑑とネットで調べましたが、

虫の名前はわかりませんでした

(ゴミムシかハムシの仲間っぽいところで終わりました)。

ここまで*****

これね。すごいいいなって思ったのは、

家族全員で昆虫図鑑とネットで調べたっていうところ。

わからなくてもいい。

家族全員で取り組むことが素敵。

さあ、まだ、1歳8ヶ月だもの。

これから、どんな子に育っていくでしょうね。

ワクワク。

たくさん種まきをができるんです。

今から。

そして、そうこうしているうちに

お母さんも慣れてくる。

そして、一緒に発見がある。

親子で楽しくなるループ。笑

が、

観察実践プログラムです。

このまま6歳児とかに突入してごらん。

すごいことになりますから。

あああ、楽しみ。

観察実践プログラムっ子たち。

**************

<親勉チビーズとは>

親勉チビーズは、4歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。

従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に

親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから

遊ぶように学ぶことがより可能となった

今までにない画期的な内容です。

************************

ぜひ、励みになりますので、ほんの一言でもいいので、

是非とも、是非とも、メッセージお待ちしておりますね。

待ってます!!

質問があったら、公開質問とさせていただきます。

また、いいなと思った記事がありましたら、

どんどんシェアしていただいて結構です!!

oko@bonheur-de-sakura.jp

 

サメとノラ○こ軍団のノラ○こ

こんばんは。

親勉チビーズ協会代表

いしいおうこです。

 

まず、お知らせね。

今回チビーズ養成講座申し込んだ人!!

それから、すでにインストラクターの人。

見習いの人!

全員で、決起大会するからね。

日程はだいたい決まっている。

しばしお待ちよ!

ワクワクするね!

 

 

今日ね。

家でね。

めっちゃ仕事していたんです。

ガリガリガリ。。。

でね。

 

とある話をある人としていた時に

親ってさ、

子どもにこういうことしちゃってない?

なんか圧かけて、結局自分の行かせたい方に。

怖いよね。

そんな話をね。

まあ、オンライン上でしてまして、

 

ふと、遠くを眺めたんですよ。

ふとね。

そしたらさ。

こんなのがあったのよ。

この背中で物語っている。。

なされるがままのノラ○こ軍団のひとり。

しかも、怖いのは、

サメさ、、、

急所は噛んでないの。一見わかんないの。

守ってるんです!なんて、言われたら、

あ、、そうですね。って言っちゃいそうでしょう!!!!

ゾワってしたよね。笑

しかも、みてよーーー。

ノラ○こ、、、、無表情よ。

無表情。

感情に完全にフタしとる。。。。

やばいです。

何をみても

親子関係に見えてくる。

 

さすが、生業にしているだけあるわ。

それにしても、、うちの誰がこんなことしたんだろ。。。

皆さんも、気をつけて。

親っていうのは、ついついそういうことをやってしまいがちだからね。

これじゃあ、下顎のせられていて、背も伸びないっちゅう。

戒めのために、しばらく飾っとくわ。

ほんと、、、こわ。

 

***********

おうこの駄話

***********

観察実践プログラムという

親勉チビーズの初中級を受講済みの方しか

受講できない。

道場という名を持つ

数稽古です。

 

子どもを賢く、小学校上がっても

勝手に勉強する子になるためのお母さんのための

観察実践プログラム。

 

これね。

受講した人がメキメキと頭角を現し、

今や、びっくりするほどの腕前になってね。

 

これね。

わかりやすくいうと

未就学児に自由研究の練習をしこたまするという

講座です。要は、勉強の仕方を未就学時代に

教えてしまいましょう。っていうものです。

小学校に上がるとありますね。

毎年、夏に。

頭を悩ます。

これね。適当にしたら、いくらでも手は抜けますよ。

ちょっとスライム作りのワークショップかなんかに

いってね。

 

ちょろちょろって適当にやったらいいんだから。

毎年、自由研究ってニュースに取り上げられていて、注目なんです。

で、なんで、わたしが、自由研究に注目しているかって言ったら、

これから求められる子ってピカイチの自由研究した子だなって思うんです。

 

もしね。中学受験するなら、めっちゃ自由研究が楽しめる時期って、

小学校3年か、4年生ぐらいまで。

でも、やっぱりそこで、実力が見えてくるんです。

やっぱり大人が感心する自由研究する子って、

それなりの中学に受かっているんですよねえ。

 

なので、観察実践プログラムって、自由研究レベルが

未就学時代に可能になっていくっていうすっごい楽しいプログラムです。

 

別名、未来チビーズ研究科と名付けよう。笑

学習の素地をつけるために、お母さんが観察と展開の練習を

100トレ(講座では、少ないけど。でも、ワークも入れたら、いつかなるよね。)

残念ながら、初中級だけでは、観察からの

展開の数稽古が足りないんです。

 

仕方ないよね。3日間で終わるので。

講座は、2日間しかないのに。

そのコミュニティーでそれこそ、何年も続けていいわけです。

しかも、情報は常に更新されていく。

素晴らしいコミュニティーです。

 

子どもの好きがベースだから、

その食いつきが違うんですよ。

もちろん、いつか役立つと思って、

展開していくんですけど。

 

まあ、楽しくなっちゃってね。

子どもと知識が繋がっていく瞬間を

共感していくことになっちゃって。

わたし、、どの講座も楽しいのですが、

観察実践は常に新鮮。

 

だって、そこにいる人たちが作っていけるんだもん。

そして、子どもへの観察眼が上がる上がる上がっていくんです。

結局、やっぱり数稽古なんですよねえ。

この観察眼が、すごいことになっていくんです。

子どもの資質もわかっていくし、

子どもへの学びの世界の広げ方もわかっていきます。

でも、一人じゃやらないでしょ。

他にメンバーがいるから続くんですよ。

 

ここから***

【〇〇のお話】男児2歳11ヶ月

【経緯】新生児の時からコミュニケーションに

困ってとりあえずかまってちゃんの時は絵本、

写真集(電車x風景とか)の創作話を読み聞かせてた長男、

2歳の保育園誕生日コメントが「絵本大好き」、3歳が「お話大好き」。

今のブームは「〇〇のお話してー」。

好きなトミカを並べて、そのグループで創作話をすると、

子供がその通り車動かし演じる物。

永遠と繰り広げられる…。

(時たま合いの手が入ったり、自分で延長戦したりする。)

多分語彙力を上げたいんだろうと出来るだけ付き合うが、ネタが尽きてきた。

 

【発展】

車じゃなくて自分自身も演じられるかな?と、洗濯物の話やお風呂、

ご飯を食べる話を物語風にすると(時にはトミカの夕食も準備し巻き込む)

まんまと乗ってくる。

洗濯物も運んだりしてくれる。

 

【展開】

〇〇をチビーズ、親勉カードに変えてお話する。

でも歴史人物が苦手…。自然素材の触れる鉱石標本等でお話する。

キレイな本も準備し、興味がありそうだったら本の世界に引きずり込む。

何か触れる現物x本で何か胸がときめく組み合わせ無いでしょうか?

もしアイデアありましたらコメント頂けますと幸いです。

触れる星座とか欲しいけど、ググってもなかったな。

やっぱり親勉カードかなぁ。出来れば立体物だとお話が作りやすいです…。

ここまで*****

これね。

コメントくださいってしてるでしょ。

すると、誰かが、気の利いたもの紹介してくれたり、

そこからまた、話が進んだりしていくんです。

すると、他の人がそこから、

これは!なんて話をしてくるんです。

も、も、わたし、、いらないから。

勝手に進んでるから。

でも、それでいいじゃない?

ママ友より価値観があっている人たちの集団です。

みているだけで勉強になる。そこが大事。

そして、これは、永遠に所属できるコミュニティー。

継続費もないの。

初回の講座代のみですよ。

 

 

だからね。今、ここにいる子どもたちが、

小学校行ったら、一体全体どんな子になっていくんだろうかと

とても楽しみにしております。

成果がわかるのは、小学校6年生の時の文集ですからね。

そこで、どんなことを書き上げるか。

どんな子に育っているか。実力がわかります。ワクワク。

これね。だから、集大成だからね。

ここからは、思春期ですから、また、ちょっと変わってきますね。

 

今ね。わたしのお教室に来ていた子たちが

みんな小学校受験して、合格しましたって

おかげさまでと感謝の連絡をいただいております。

お受験用のお教室じゃなかったのですが、

お受験する子はたくさんいたので。

 

今は、子ども向けはしてないですけど、

チビーズイズムは結局同じなので、

お母さんたちはチビーズの考え方で

間違いないってことですからね。^^

****************

<親勉チビーズとは>

親勉チビーズは、4歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。

従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に

親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから

遊ぶように学ぶことがより可能となった

今までにない画期的な内容です。

************************

ぜひ、励みになりますので、ほんの一言でもいいので、

是非とも、是非とも、メッセージお待ちしておりますね。

待ってます!!

質問があったら、公開質問とさせていただきます。

また、いいなと思った記事がありましたら、

どんどんシェアしていただいて結構です!!

oko@bonheur-de-sakura.jp