協会からのお知らせ

2021年1月 のお知らせ一覧

灰になる講座

こんばんは!

親勉チビーズ協会代表 いしいおうこです。

 

 

観察実践プログラムの感想いただきました。

一部。シェアします。

受講後はだんだんと薄れていく記憶との戦いでしたが、
コミュニティーで自身のアウトプット+ガチ勢の
アウトプットという上昇気流みたいな環境が、
今も自分を観察という畑に連れ戻してくれています。
 
 
種蒔け~、よく見ろ~、日記付けろ~、ベテランの声聞け~
今ままで、人生を振り返ってもこんなに濃いーー環境はありませんでした(笑
 

観察実践プログラム受講の感想を凝縮すると、

灰になった、の一言です。
 
 

***ここまで***

載せさせていただきました。

ありがとうございます!笑

灰になるよね。灰に。わかります!!!

パッカーンって何かに殴られる感じ!!

一体、わたしは、観察ですって!!!!

何をしていたんだろう。ですよね。

大丈夫。3ヶ月もしてみて、

信じられないようなレベルに到達しているはずですから。

 

 

ね。

すごいんです。

もしね。

自分が初中級を受講しても

忘れちゃって怖い人。

もしくは、元に戻っちゃった人。

これで合っているか心配の人。

極めたい人。

待ってます。

 

*********

おうこの駄話 

*********

本日、資質のソノサキのデザインする

話を描きましたが、

まあ、高額なんで、

きっと受ける人って少ないと思うの。

でも、それだけ自信があるってことですけどね。

たくさん受講しなくていいんです。

今のところ、広める気がないんで。

なーんてね。作ってみないとわかりません。

案外、子どものためだったらたくさんの人に受けてもらいたいと思って、

工夫してお手頃価格にするかもしれないしね。

 

*********

おうこの駄話  2

*********

 
わたしね。
 
今、思うことあり、学んでます。
 
 
 
 
今日が最後の日と思って、生きろ。
命が永遠に続くと思って、学べ。
 
 
 

そうやって聞いたことがあってね。

誰だったかすら忘れたんだけど。笑

だから、一生学ぶつもりなんですけどね。

わたしね。

心がブレないんです。

というか何があっても世界中の子どもを救う。

それは、どういうことかっていうと、

お母さんに応援される。大人に応援される子どもにしたいんです。

無駄に叱られることない。ちゃんとその子のことを見てもらえる。

そしたらね。

インスト見習いの方がね。

こんなブログを書いてくれていました。

チビーズ受けてね。

上の子が高い所のを取りたくて、下の子が乗っていた台を引っ張って、

下の子が落ちちゃったんだって。

普段なら、何やってんのーーー!!怒

ってなるのにね。

上の子に

知らなかったんだね。って思えて、

台から落ちちゃったね。

びっくりしたね。って言えたんだって、お母さんが。

そしたら、上の子は、

いつもなら怒られるから、

わたし悪くないもん!!という顔をしていたのに

あ、お母さんわかってくれたって。

顔が緩んだんだって。

その時の顔を忘れませんって

書いてました。

ここね。

https://ameblo.jp/chibisaya-osaka/?fbclid=IwAR1DHwdCzlkTf_SEZz2JegnCIKroiZfQdEAIR4BXqcclcx8NIIHLd7B6JCc

すっごい嬉しかったんだよね。

 

だってね。

そういうことだから。

この顔見るとね。

もう、お母さんたちは、もう一度見たくなるんだ。

 

ここで、子どもと初めて心が通った感じになるの。

で、その顔が見たくてね。

ようやく観察が始まるんだよね。

 

わたしね。

その時の

わかってくれた!!って思う

子どもが本当に切なくてね。

言葉を知らない子どもたちは

いったいどれほどの回数、

わかってくれない。気づいてくれない。って

10歳になるまでに、彼らは、一体、

何度、絶望を感じるんだろうか。

そして、絶望すら感じていたことを忘れ。

親なんてそんなもん。

 

うちのお母さんなんてこんなもんって

いつの間にか諦めて、期待せず、生きていくのだろうか。

 

だからこそ、

わたしは、子どもと親の関係が

そうやって誤解されたままでないように

小さな小さな草の根運動的かもしれないけど、

これで、Aさん家はOKね。

これで、Bさん家も大丈夫だね。って

歩んでいくのです。

途方もない道のりかもしれないけど、

でも、お母さん全員にあの、通じた!!瞬間を

体験してもらいたいのです。

 

もうね。

涙を流して、抱きしめたくなるから。

自分の子どものことを。

今までわかってなくて、ごめんね。って。

本当に思うから。

子どものことを知る前は、

たくさんの誤解をして、生きているんですよ。

わたしたちは。

だからこそ、1日も早く

チビーズに出会ってもらいたい。

 

 

 

****************

<親勉チビーズとは>

親勉チビーズは、6歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。

従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に

親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから

遊ぶように学ぶことがより可能となった

今までにない画期的な内容です。

************************

お金を払わせてください。

おはようございます。

親勉チビーズ協会代表 いしいおうこです。

 

どれだけ、このメルマガが有料級のことを

ボロボロ書いているのかって思います。

 

それに、受講後に読んでいると

ワークのような感じで。

とても学びがあります。

 

先生、無料でいいんですか。

お金を払わせてください。

 

これ、感想メール。

こんなようなメールが立て続けに届きました。笑

 

そうそう。わかる人には、

有料級。

思い出すような言葉を入れているので。

 

*********

おうこの駄話 

*********

初中級を受けた後、

ずっと自分に自信がなかったんです。

それに終わっちゃうと忘れてきちゃって。

やっぱり前のようにイライラ子どもを

叱ってしまうことがあります。

子どもの観察だって、できているのか

できてないのかわかりません。

↑↑↑こういう人は、受講したら、一皮むけますよ〜〜。

 

観察実践プログラムを受講すると、

ハッとします。

こういうことだったんだ!!って。

観察ってこうだったんだ。

展開って。

 

子どもが未就学児の時に

探求の仕方を教えるって、

小学校上がった時に興味を持って、

勝手に探求する子になるって、

勉強じゃないですよ。←ここが大事。

 

これからの時代

勉強の時代から、探求、研究の時代になっているからです。

 

だからこそ、観察実践の二日目。

展開をやるんです。

観察の自信がない人こそ、

インプットばっかりやっている人は、

申し込んでください。

 

次回は、3月開講はありません。

その間に子どもはどんどん

資質を垂れ流してますよ。

だってね。受講した人は、

コミュニティに入るから、

 

4月までの2ヶ月、しっかり観察をし、

子どもの資質磨きに入っていくんですから。

 

そのセンスをお母さんが数稽古するんです。

 

*********

おうこの駄話 2

*********

今日ね。
 
とあるインストラクターと話してて、
 
資質の見つけ方と伸ばし方。
 
わたし、ことあるごとにこの話をしているつもりだったんだけどね。
 
実際に自分の子でこのワークをやってみないと
わからないものですね。
 
よって、
資質開花の講座は、
 
 
自分の子どもの資質を見つけるワーク
をしたいなって思っています。
しかも、それ、ひとつじゃないから。
今日、インストラクターにしたのは、ひとつだけ。
 
 
3個あるんだ。今のところ。
 
 
 
でも、当初このワークを入れるつもりはなかったので、
88000円ぐらいって言っていたんですが、
 
 
 
このワーク、本当にすごいから。
で、ワークやらないと意味ないなって思いました。だって、
今までも言っているのに、できないから。
あなたの子どもで語らないと伝わりにくいんだなっていうのがわかりました。
そりゃあそうだって思いました。
 
 
 
値上げするかもしれません。
 
 
もうね。わたしの中では、50万してもおかしくない。
いや、本当に。
 
 
引くでしょう。ね。引くよね。普通だったら。
でもね。そのぐらい理にかなっている自信作です。
そして、そんなに大人数に知られたくない。
限られた人だけでいい。
本気で知りたい人だけでいい。
本気じゃない人は、結局中途半端だから。
 
 
だって、その子のために、お母さんとわたしが、一緒に
その子のシシツのソノサキをデザインしていくんだもん。
(あ、もちろん決めつけなんてしないよ。変わるものだから。
でも、そのやり方がわかったら、お母さん、そのあとできるようになるんですよ。)
 
 
正式発表は
作ってから。決めます。
 
 
だって、これ知ったら、教育方針が決まるもん。
中学も、高校も、大学も。
これを知ったら、結構な感じで、
ブレないです。お母さん。
 
 
本当にね。
ロジカルにやっていくから。
こんな講座ないんじゃないかな。
もう、この時点で、面白いよね。
 
 
 
 
手応えをめっちゃ感じてます。
 
 
 
 
この一部が実は、発達個性のびのびクラスに入れ込んでいるという・・・。
知らなかったでしょ。^^一部だけどね。
 
 
だから、発達個性のびのびクラスが最初に体験するんですっ。
 
 
発達個性のびのびの子たちは天才だからね。
資質の見つけ方なんてやりがいあるんだ。
あの子達をピカピカにするんだ。
 
 

****************

<親勉チビーズとは>

親勉チビーズは、6歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。

従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に

親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから

遊ぶように学ぶことがより可能となった

今までにない画期的な内容です。

************************

いつが最後のキャーキャーか。

こんばんは。夜分に失礼致します。

親勉チビーズ協会代表 いしいおうこです。

 

 

新旧ごちゃまぜ

オンライン子育てサロンでした。

楽しかった♡

何名かは、来れなかった模様ですが。

 

でね。

チビーズって初中級受けたら、

ケロッとな!ってなるわけではないです。

 

でも、確実に前には進んでいるんです。

3ヶ月前に悩んでいたことが変わってくるんです。

それが大事。

だから、大丈夫。

 

ケロッとイラつかなくなったら、気持ち悪いよ。

そんなのロボットさんじゃないの。

 

血が流れているんでしょ。

人間なんでしょ?

あのね。人間のいいところは、

思い悩むところです。

 

最後まで、

往生際が悪いところです。

 

こうした方が良かったんじゃないか。

ああした方が良かったんじゃないか。

はたから見て、くだらないなんて一笑されそうなことに

一喜一憂するから、

だから、

いいんじゃないの。

 

そこから、頑張って頑張って、もがいて、

泣いて、それでも前に進もうとするから

かっこいいんでしょ?

 

だから、子どもにそれを教えられる人になれるんでしょ。

ちょっとずつ必ず前に進めるんです。

だから、諦めるな。

そして、自分を責めるな。

責めている時間は、1分たりとも

もったいないのです。

深刻さは、何も生み出しません。

 

だって。

もうさ、家族が寄り添って、遊んで、

キャーキャーいう時間なんてそう残されておりません。

いつが最後のキャーキャーだ。

もう、子どもたちは、やらなくなる?

あっという間です。

 

ひとつひとつのキャーキャーを大事にして。

だって、自分の親ともそうでしょ。

いつの間にか体がくっついたりして、

おしくらまんじゅうみたいに

キャーキャーしなくなったでしょ。

 

いつもいつも

これが最後のキャーキャーか。って

うちなんて上の子が思春期ですから、

もう時期です。

 

すると、仲なんて、悪くしている暇なんてないんです。

いつが最後のキャーキャーだ。

これ?

それ?

どれ?って。

いつが最後のキャーキャーだ?

 

*********

おうこの駄話 

*********

いろいろ質問してくるんですが、

あのね。

物事はとてもシンプルなんです。

練習あるのみ。

で、一人でやっていたって、正解もわかないし、

できるようになるわけないんです。

発表する場があって、アウトプットしていくから、

お稽古になるんですよね?

一人では、あらぬ方向に行っても

誰も何もできません。

そして、練習を積んでいく。

道場たる所以。

ま、練習しないとうまくいかないしね。

で、この観察実践プログラムが好きすぎるという

人たちがいます。

本当に効果があります。お母さんたちの視点が上がり続ける

練習する場があるってこと。

 
************
 

 

****************

<親勉チビーズとは>

親勉チビーズは、6歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。

従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に

親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから

遊ぶように学ぶことがより可能となった

今までにない画期的な内容です。

************************

事実は、一体何なんだ!!!!

こんばんは。夜分に失礼致します。

親勉チビーズ協会代表 いしいおうこです。

 

あのね。今日ね。嬉しかったの。

発達個性のびのびクラスでね。

ある子どもがね。お母さんにはじめて、

共感を求めたんだって。

 

ねえ。嬉しいよね。

自分の中で生きている子どもたちが、

ねえ。お母さんって。

 

 

人は、他と共感しあって、生きていくじゃない?

あれいいよねえ!!!って。

美味しいよねええ。って。

楽しいよねええ。

面白いよねえ。

嬉しかったよねえ。

悲しかったよねえ。

悔しかったよねえ。

よく頑張ってたよねえ。

そんなことを隣で言いたいし、

子どもにもそう言ってもらいたいね。

 

ほんと、嬉しかった。

共感の強制は嫌いだけど。

自然な共感は、本当に心打つ。

 

でも、それって、観察眼があるから、

はじめて、共感できるんだけどね。

こうやって、ひとつひとつ喜びを共有しながら、

発達個性のびのびクラスは、成長していきたいな。

ありがとね。教えてくれて。

 

*********

おうこの駄話 

*********

【ケース2】 1歳8ヶ月 フォークを使って輪ゴムをあけ移し(左の缶から右の缶へ) 目線:左手に持っているフォークの先 右手:親指の腹と人差し指を缶にそえて動かないようにしている。

親指は反っているので、指先までかなり力が入っている。

手の側面をテーブルにつけて固定している。

小指は少し曲がっているので、少し力が入っている。 左手:フォークを親指の腹、人差し指で持っている。

腕、手首に力を入れてフォークを動かそうとしている。 足:どこかにもたれることなく、しっかり立っている 最初手であけ移しをしていたのですが物足りなさそうだったので、

難易度を上げるためにフォークにかえてやらせてみました。


1日目動画受講の方です。

すごいなって思ったのは、

難易度を変えていること。

 

これね。初中級でやりますが、

やっぱり難易度を変えることを実践して、

言語化して、

こうやってレポート出して。

 

これやらないと

お母さんの意識下に落ちないのです。

 

だから、やっぱりこの積み重ねなんです。

 

でも、ついでと言っては何ですが、

FBにアップしていくので、名前で検索すると

すぐに自分がアップしているのが

バババババーって見れるんです。

 

するとね。

ものすごい記録になるんですよ。

これ、ちょっと感動しますよね。

子どもが大きくなって、見たら、びっくりするね。

 

こうやってさ。

お母さんたちが

観察眼が上がって、記録が残って、

で、いつか子育てを学問として、一般教養で

学べたらいいね。

 

観察実践だけが数稽古の場です。

答え合わせができる。

 

で、思う。

下手でも何でもいいから、まずは、投稿が練習だよ。

強制はしないけど、

子どもとの関係を良くするのも

投稿するのが一番手っ取り早い。

それも数稽古。

 

ああ、あとね。何でこんなに観察観察ってうるさいかっていうと

イライラしちゃうお母さんこそ、観察ですよ。

 

感情と切り離して。

感情が一緒にのるから、イライラしちゃうんだもん。

 

そうじゃなくて、

何か事実がそこに起きているときに

そのFACT!!事実は何か。事柄は何か!

起きていることは一体なんだんだ!!!!

ここしか見なくなるから。

見るのはそこだけ。

 

で、そこだけを見ることができないから、イライラする。

だから、イライラしちゃうんです!っていう人は、

観察眼を上げる練習してください。

 

頭の中で考えている観察は意味がないです。

言語化だ!吐き出せ!

これをやらないと絶対技術は磨かれません。

 

だから、本当は、

起業するなら、インストラクター

してもしなくてもより感度あげ続けたいのなら、観察実践。

この2択です。

インストラクターで観察実践までいく人は、一握りですが、

観察眼は高くなりますよね。

 

比較的勉強が好きな人、探求が好きな人が多いかもね。

チビーズを学問として、捉えている。^^

 

でも、一皮剥けるのは、

やっぱりこのプログラムなんだよねえ。

****************

<親勉チビーズとは>

親勉チビーズは、6歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。

従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に

親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから

遊ぶように学ぶことがより可能となった

今までにない画期的な内容です。

************************

君の代わりなんていくらでもいるんだ。

こんばんは。夜分に失礼致します。

親勉チビーズ協会代表 いしいおうこです。

 

人を見るときにね。

これで見ちゃいません?

一個一個の技能を。スキルを。能力を。

 

どういうことかっていうと。

社会って結局、能力、技能だけで見ていくと、

もろ点数制ですよね。

 

あれだけ、あれだけ、

オンリーワンだよ!

あなただからこそできることを!

なーんて言いながら、

 

世の中って

ちゃんちゃら

笑っちゃうんです。

結局点数つけるんですう。笑

 

するとね。

技能だけで見ていくと

(5教科のテストなんて、あれは、技能ですからね。)

怖いよ。技能って。スキルって。

 

点数が出た途端競争社会へ

飲み込まれていくんです。

 

で、

うちの子

英語ができる!から、○○が向いているかしら?

明るい!から、○○がいいんじゃないかしら?

人懐っこい!から、○○の係がいいんじゃないかしら?

努力は嫌いじゃない!から、○○でもいけるんじゃないかしら?

体力がある!からきっと○○がいいと思うわ。

 

そうやって、点で見ている限り、

その子は、もっと英語ができる子に抜かされます。

 

もっと明るい子に。

もっと人懐っこい子に。

いとも簡単に抜かされます。

点の観察眼しかない。

一箇所からしか子どものスキルを見れないなら、

いつまでも資質の垂れ流しです。

 

いつまでも抜かれていっちゃう。

君の代わりなんてさ

いくらでもいるんだ。

 

ああ、結局、観察眼なんですねえ。

 

でもね。

昨日もYouTubeライブにつながる話だけど、

そのあとの子どもへの期待のかけ方も

とても大事になってきます。

正しい期待をかけることで、子どもは、

実力以上に能力を発揮するんです。

*********

おうこの駄話 1

*********

 

【ケース45④】4歳7ヶ月

太陽系のマステを買ってきてみたら「じぶんようのうちゅうつくりたい」と言って、

「すいきんちかもくどってんかい」と唱えながら、順番通り、

さらに天王星はちゃんと縦に貼っています。

写真は天王星を縦にしてしまった隕石を書き足しているところです

「おおきさがぜんぶいっしょでへんだね」と言っていたので

サイズ比もなんとなく頭に入ったようです。

「恐竜を絶滅させた隕石はこんな形なんだよ」と図鑑の天王星に

ぶつかっている丸い隕石との違いを説明していました。

やはりすべては恐竜研究の知識からの発展のようです。

 

【感想】

親勉とチビーズの違いの一つとして、

「目的と手段の順序」があるのかな、と感じました。

目的=勉強・発達

手段=遊び

なのは同一として、

親勉はまず目的があって、どんな手段にするか考える。

チビーズはまず子供がすでに夢中になっている遊び(=手段)があって、

親は「じゃあどんな【目的】が果たせるかな?

もっと遊んだらこんな学問につながるかも」と考えて撒き餌をしていく、

みたいなイメージでしょうか。

子供としてはあくまでも【手段】ではなく【目的】として遊んでいるのがポイントです。

*********

なぜか考察までしてくれるという・・・笑

そ、まさにね。

どちらがどうって話じゃないです。

みんなチビーズ知ったらいいのにって話です。笑

なぜなら、原点だから。

子どもの本質だから。

彼らの好きを育んでいくから。

 

 

でね。とはいえ、例えばね

Aに興味があったら、A’の話までしておくんです。

A’に釣られたら、A”の話をする。そんなイメージです。

 

 

好きなことだけってわけでもないです。

でも、好きをとっても大事にはしております。

好きというベクトルの中で知識をちりばめさせている感じ。

 

するとね。好きからスタートだから、

いつかつながった時の瞬間がすごいことになるんです。

あ、これ、脳内スパークだった。笑

これが好きからスタートしてないとちっちゃなスパークです。

(でも、花開く可能性は多々ある。小さな点をたくさん作ってあげる感じ)

好きからスタートすると根強さがある。そして、

脳内スパークした時の感動は、隕石衝突並みです。

学びの、探求の、研究の

成功体験です。

それが、エネルギーになるから。

そして、それが、熱中力にもなるから。

そして、何かに熱中したその経験が宝となり、

彼らを育てていくから。

観察実践プログラムって

あれやこれやお母さんが考察できる。

 

てか、勝手にしたくなる。

で、観察眼がついてくるから、

その先まで想定ができる。

ああ、こんな感じね。って

だから、準備ができる。

 

こんなに観察眼をあげる講座、絶対他にないです。

そして、このコミュニティが

励みになり、歩みを止めないんです。

だって、人って、忘れちゃうじゃない?

アウトプットするからできるんだよ。

だから、インストラクターをやることも最高な選択だし、

でも、観察実践で数稽古をすることもレベルがどんどん上がっていく。

 

しかも、ワークは、無料ですよ。

すごいなあ。

1年前の人は元とってるよね。しっかり。笑

で、発信できなくても、見てるだけで、違うから。

へー。こんなことわかるんだ。

じゃあ、うちの子が今度やった時にまた、声かけてみよう。とか。

できるんです。

もうね、子育てが本当にレベル違いに

楽しくなります。

そうね。お腹抱えて笑っちゃう感じ?

だって、全てが勉強に研究につながっていくんです。

未就学児ですよ。

小学校上がる頃には、相当に

学びに取り組む姿勢ができているでしょうねえ。

小学校の教科書をいただいたその日に

お母さんとワクワクしながら目を通している姿が

目に浮かびます。

そう。

教科書は、ヨミモノです。

 

 
 

 

****************

<親勉チビーズとは>

親勉チビーズは、6歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。

従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に

親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから

遊ぶように学ぶことがより可能となった

今までにない画期的な内容です。

************************