協会からのお知らせ

協会からのお知らせ一覧

こんばんは。

親勉チビーズ代表のいしいおうこです。

 

本日も開封をありがとうございます。

今日は、母の日でしたね。

 

それぞれの母の日のカタチがあったと思います。

 

わたしは、実母は、他界しているので、

ありがとうって直接言えないのですが、

 

今日は、だから、ちょっと母の話を。

昨日ね。

覚悟したらいいだけなんだ。

 

わたしが守るから。

っていう話を書いたと思いますが、

 

まあ、昨日の叱れない育児のメルマガ、大大反響でした。

それはそれは、50通近く返信が来ました。

みんな、思ってるのねええ。

 

その続きをね、今日は、書こうと思います。

 

 

今日のメルマガ

昨日の続きでもある。

母という存在の原点。母の日だからね。

******************

 

どうして、わたしがね。覚悟なんだって、

思うようになったかというと、

 

実は、母が、言ったんです。

 

わたしがね。

 

3才の時に、幼稚園受験してね。

まあ、2時間近く待合室で待たされて、

 

ほら、わたし、頑固でしょ。

怒ってね。待たされたことに。笑

 

面接で一切口をきかなかったの。

どの質問をされても、口を真一文字に結んでね。

 

名前すら、返事すら、言わなかった。笑

 

で、おうこちゃんってそうだったのよ。って言われました。

案の定、落ちたんだけど、

 

周りで心配した人がいたんですよ。

 

どうするんだ、おうこは。って。

どこに行くんだって。

 

その時ね。

母は、なんて言ったかっていうと。

 

別にどこだっていい。

わたしが最終的には教えるから。

わたしが面倒見る。

 

って、言ったんです。

 

当然ね。

わたしは、そんなこと知らずに

育つのですが、

 

ある時、母が話してくれてね。

そうだったのよって。

 

でも、母は、全然心配してなかった。

だって、幼稚園だって、学校だって、嫌だって言ったら、

母である、わたしが面倒見るからいい。

 

って思ったの。って言ったの。

 

 

それが

 

わたしにとって

母という存在の原点であり、

すべてです。

 

 

そしたらね。

 

エジソンだって同じなの。

トーマス・エジソンも学校追い出された時に、エジソンのお母さんが

そう覚悟したんです。

 

ふふふ。

 

***********************

<親勉チビーズとは>

http://www.oyaben-chibis.com/

親勉チビーズは、4歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。
従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に
親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから
遊ぶように学ぶことがより可能となった
今までにない画期的な内容です。

************************

************************

ぜひ、励みになりますので、ほんの一言でもいいので、
是非とも、是非とも、メッセージお待ちしておりますね。

待ってます!!

質問があったら、公開質問とさせていただく場合がございます。

oko@bonheur-de-sakura.jp

 

とにかく明るい性教育

【パンツの教室】協会代表理事

のじま なみです。

 
 
 
 
 
ーーーーーーーーーーーー
 
 
それでは、本日のメルマガです!
 
 
unnamed.jpg
 
 
 
===============
 
もう、
抱きしめさせてもくれないけれど
 
===============
 
 
 
先日、
早めにお風呂上を済ませ、
夕飯の準備をしようと急いでいた
夕方6時。
 
 
 
9歳次女が
少し もじもじしながら、
恥ずかしそうな顔で
 
 
 
キッチンで
待ち構えいました。
 
 
 
『はい、ママこれどうぞ!
  母の日です♡』
 
 
 
可愛くデコレーションされた
手作りカップケーキを
サプライズで
プレゼントしてくれたんです。
 
 
 
母の日を
すっかり忘れていた私。
 
 
 
ふいのプレゼントに、
涙が溢れて止まらなかったのは、
 
 
 
『嬉しい』気持ちと、
『ごめんなさい』の気持ちが
いりみだれてしまったから。
 
 
 
実は、
 
 
 
夕方、門限を10分破った
娘を叱ってしまっていたんです。
 
 
 
たしかに、
門限を破るのは
いけないこと。
 
 
 
ですが、
遅れた理由が
 
 
 
 
『いつもありがとう♡』
 
 
 
心このこもった
長い長いラブレターを
書いていてくれたからだと知った時、
 
 
 
娘の言葉をきかずに、
頭ごなしに注意をしたことを、
今更ながらに恥じました。
 
 
 
 
 
いつのまにか
大きく手を広げて
『おいで!』と伝えても、
 
 
 
ハグされることを、
嫌がるようになった次女。
 
 
 
そこでね、
次女が反抗期の入口立ったことが
わかったんです。
 
 
 
 
身長が
大きくなるのと一緒に
気持ちも
大人になってきて、
 
 
 
弁も立つようになり、
あげ足を取ったり、
言い訳したり。。。
 
 
 
 
私と、
意見がぶつかることも
多くなってきた次女。
 
 
 
 
お姉ちゃんで
経験しているので、
わかってはいるんです。
 
 
 
 
それは、
次女にもどうしようもない
【心の成長】だということは。
 
 
 
でもね、
 
 
 
 
母に
心の余裕のない日には
 
 
 
 
やはり、
コンチクショーと、
思う日もしばしばで^_^(笑)
 
 
 
だけど、
 
 
 
恥ずかしそうに
はにかみながら、
 
 
 
可愛いエクボを
2つほっぺにへこませて、
 
 
 
照れながら口元だけ
にっこり笑ってケーキを手渡してくれる
その表情は
 
 
 
まだまだ
幼さが混じっていて、
 
 
 
愛しくて。。。
 
 
 
 
ただ可愛くて。。。
 
 
 
 
いつも必死に
家族のことを考えていても、
 
 
 
 
なんだか当たり前と言われてしまう
母業だけど。
 
 
 
 
母のためにと、
娘が今日の1日を
『考えて』くれた時間が
 
 
 
本当に嬉しくて、
最高に幸せな一日になりました^_^
 
 
 
 
 
私ばっかり家族のことを
考えていると、
ついつい子育てをしていると
自分本位に思いがちだけれど、
 
 
 
家族は(きっと)しっかり
見てくれている。
 
 
 
 
たまには、そう
信じてみてもいいかもしれないな。。。
 
 
 
 
そんな風に思えた夕方の
一コマ^_^
 
 
 
照れながらケーキを
手渡してくれた次女も、
今日だけは、
ギュとハグさせてくれました♡
 
 
 
久しぶりのハグに
調子にのった母。
 
 
 
 
ついでにね、
ちょっとだけ
お願い事をしてみました。
 
 
 
 
『たまにはさ、
   ママにぎゅーとさせてね。
   あなたの温もりが
   ママの明日のパワーになるからさ!』
 
 
 
 
小さな母の本音を
 
 
 
 
『。。。。どうかなぁ〜( ̄▽ ̄)』
 
 
 
と、つれない返事で
切り返す次女は、
やはり、反抗期。
 
 
 
 
対応が塩すぎて、
しょっぱすぎて
クール。。。。(笑)
 
 
 
 
母と娘の攻防戦は、
まだしばらく続きそう。。。。
 
 
 
 
 
思春期の子を持つお母さんだけでなく、
全国のお母さん。
いつも本当にご苦労様です^_^
 
 
 
 
 
お母さん、
あなたは、本当に頑張っています!
 
 
 
 
 
 

 

*==================*

パンツの教室協会

インストラクタ―主催の講座一覧は

協会ホームページに載っております。

http://pantsu-kyoshitsu.com/

*==================*

 

こんばんは。

親勉チビーズ代表のいしいおうこです。

 

本日も開封をありがとうございます。

 

今日のメルマガ

 

叱れない。叱れない。

叱れない子育てのまやかし。

本日、クロおうこだったらごめんね。

 

***************

これは、本当に、びっくりするくらいの

相談がきます。

 

褒める子育てが主流のいま、

その弊害で

叱れないお母さんが増えまくってます。

 

それは、本当の意味で、褒める育児を理解していないから。

あなたの褒めるの定義って何ですか。

 

そこがわかってないから、

 

褒める育児

=叱っちゃいけない育児

 

になる訳です。

 

で?

叱れないってどういうこと?

叱らないって、自分がどうなること?

 

言うぞーーーーー。

 

語弊を恐れず!炎上を恐れず!笑

に言っちゃうよ。

 

 

保 身

 

 

ですよ。

 

叱れないのは、自分を守るため。

だから、叱れないって悩むのは、魅力があるよね。

単なる身勝手な保身なのにその悩みを美談にしてる。

まやかしだ!!

 

もし、叱って、この子が傷ついて、精神的にトラウマに

なったりしたら、どうしよう。かわいそう。

 

わたし、責任取れない・・・。

 

ですよ。

 

それって、自己保身じゃん。

 

ダメなものはダメなんだよ。

やっちゃいけないものは、子どもが傷ついたって

ダメなんだよ。

 

でもね。大事なのは、

 

 

そこに愛は、あるんか。(←なんだっけ。CM)

 

 

これが大事なのよ。

これがあって、ちゃんと子どもと繋がっている時間が

他に確実にあったら、

 

叱ったって、ぜーーーーんぜーーーん

平気なんだよ。

 

 

もしさ。その時、叱って、

子どもが精神的におかしくなったらさ、

しっかり、覚悟して、わたしが守る!

ってしたらいいだけじゃない?

 

登校拒否だって、いじめだって、挫折だって、

世界中が敵になっても、

わたしが守るって決めていたらいいだけ。

何にも怖いことありません。^^

 

 

だから、ダメなものは、ダメの日があっても

いいんです。^^

 

 

***********************

<親勉チビーズとは>

http://www.oyaben-chibis.com/

親勉チビーズは、4歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。
従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に
親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから
遊ぶように学ぶことがより可能となった
今までにない画期的な内容です。

************************

************************

ぜひ、励みになりますので、ほんの一言でもいいので、
是非とも、是非とも、メッセージお待ちしておりますね。

待ってます!!

質問があったら、公開質問とさせていただく場合がございます。

oko@bonheur-de-sakura.jp

こんばんは。

親勉チビーズ代表のいしいおうこです。

 

本日も開封をありがとうございます。

 

 

今日のメルマガ

なんのためにチビーズの

おもちゃで遊ばせるのか。

***************

 

受講した後もね。

 

だんだん慣れてくると、

 

忘れちゃうの。

 

一体全体

 

子どもにチビーズのおもちゃで遊ばせるときに

 

もしくは他の知育玩具で遊ばせるときに

 

なんでこれで遊ばせているんだっけ?って

 

人は忘れちゃうの。

 

ちゃんと意味がありましたよね。

 

なんだった?

 

あれとこれです。

 

うわーーーー

 

言いたい。

 

でも、ここで書いたら、

 

お金払って受講してくれた方々に怒られちゃう。

 

あ。

 

でも、受講した方も忘れているかもしれないので、笑

 

このおもちゃで何を子どもに与えたいのか。

 

それは、

 

成功体験と集中。

 

子どもにとって

 

このチビーズのおもちゃで遊ぶことは、

 

この二つをとことん体験してもらいたいから。

 

あ。もちろん他にもあるんだけど。

 

この二つ、大事。

 

だってね。

 

ここを考えたら、

 

この子が成功するなら、どうしてあげたら

成功できるかなって

 

お母さん考えるじゃない?

 

 

その視点が大事なの。

 

この視点を持てることで、

普段の生活の質が圧倒的に上がります。

 

 

 

***********************

<親勉チビーズとは>

http://www.oyaben-chibis.com/

親勉チビーズは、4歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。
従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に
親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから
遊ぶように学ぶことがより可能となった
今までにない画期的な内容です。

************************

************************

ぜひ、励みになりますので、ほんの一言でもいいので、
是非とも、是非とも、メッセージお待ちしておりますね。

待ってます!!

質問があったら、公開質問とさせていただく場合がございます。

oko@bonheur-de-sakura.jp

 

こんばんは。

親勉チビーズ代表のいしいおうこです。

 

本日も開封をありがとうございます。

 

 

今日のメルマガ

48歳、わたし、転職できますか。

***********************

あのね。

旦那さんがね。

 

言ってたんです。

 

今、48歳、わたし、転職できますかね。

 

ってたっくさん、相談されるんですって。

 

結構な大手企業に何十年ってお勤めされて、

 

で、ある日、会社から肩たたき。

 

 

すると、そうやって、相談しにくるらしい。

 

本当に今、多いそうです。(転職支援系の仕事なんで、まじリアルな話です。

現場の声ってやつです。)

 

ほら、男性の副業って結構変なのばかりじゃない?

 

だからかな。してないのよね。副業。

 

でも、こんなご時世ですから、1世帯で、

収入源いくつも持っておいた方がいいですよ。

 

日本の経済は縮小していくので、

いわゆる企業だけの収入では、リスクヘッジはできないです。

 

で、48歳、企業一筋だったりすると、

 

よっぽど優秀な人でないと、なかなか転職、難しいようです。

 

でね。

 

だからでしょう。

 

こんな現場の生の声を2000人ぐらい、知っているからこそ、

 

そんな旦那さんが

 

言ったんですよ。

 

起業していてくれて、ありがとう。って。

 

そりゃあね。普通の家庭に比べたら、波あり、谷ありですよ。

 

でもね。

 

ようやく感心してしてもらいました。

(わたし的には、そんな時代になることを見越して、

起業しているんですけどね。)

 

 

ということで、

 

 

本当に全力で、起業を勧めます。

夫の収入以外に、

自分の会社員の収入以外に

リスクヘッジを取っておくべきです。

 

と思った、朝でした。

 

なんでかって?

 

別に自分が贅沢したいからとかでは全然ないですよ。

 

子どもを守るためですからね。

 

***********************

<親勉チビーズとは>

http://www.oyaben-chibis.com/

親勉チビーズは、4歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。
従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に
親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから
遊ぶように学ぶことがより可能となった
今までにない画期的な内容です。

************************

************************

ぜひ、励みになりますので、ほんの一言でもいいので、
是非とも、是非とも、メッセージお待ちしておりますね。

待ってます!!

質問があったら、公開質問とさせていただく場合がございます。

oko@bonheur-de-sakura.jp