親勉チビーズ協会
4歳以下のお子さんにモンテッソーリ教育と親勉の家庭学習法

親勉チビーズメルマガ

最新情報

2019年08月03日
お知らせ
2019年08月02日
お知らせ
2019年04月10日
お知らせ
2018年12月30日
ニュース
2018年12月23日
ニュース
2018年12月22日
ニュース

親勉チビーズとは

親勉チビーズとは、4歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。 従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に遊びながら学ぶ親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから遊ぶように学ぶことがより可能となった今までにない画期的な内容です。

モンテッソーリ教育とは

モンテッソーリ教育とは、本能的にやりたいことが特化してあらわれる時期、敏感期に沿って、お母さんが環境を整え、寄り添って行く教育方法です。

親勉チビーズの特徴

どんな状況でも100%子育ての質がUP
100円均一の商品を使ってイヤイヤ期特有の行為が消滅
曖昧な感情論はいらない!0歳から遊びながらできる即実践型子育て法
イヤイヤ期のスイッチの切り替え方
自分で育っていく力

子どもは、生まれた瞬間から自立へ向かって生きていく。

親勉チビーズでは、「子どもは、生まれた瞬間から自立へ向かって生きていく」。「子どもは自分で育っていく」というモンテッソーリ教育の考えを前提として、よくある生活用品で作ることができる発達に合ったおもちゃを用意することで、どんなお母さんにも、どんな状況でも、活用することができます。
遊びながら楽しんで学ぶ家庭学習法「親勉」の五教科を知識として、取り入れて行く。本能的にやりたい発達の行為に勉強を入れ込むので、自ずと学びの素地をつくっていくことができます。
また、あえて、おもちゃを年齢別にわけていないので、お母さんの観察眼が格段にあがり、それは、今後の思春期にも、その先にも、子育ての一生のスキルとなるものです。

イヤイヤ期イライラしたっていいじゃない

寄り添うとか、親子の絆とか、感情論で子育てを語るからわけがわからなくなる。イライラしたら、まるでスイッチを切り替えるように、発達に合ったおもちゃを渡したらいいだけのこと。ただ、それだけのこと。
そして、そこに遊びながら楽しんで学ぶ家庭学習法「親勉」の五教科を取り入れたらいいだけ。そうしたら、天才の素地ができてくるのです。