協会からのお知らせ

[カテゴリー] メディア

枯れたい花なんてない。

こんばんは

親勉チビーズ協会代表

いしいおうこです。

 

 
観察実践プログラムは、自学自習できる方法を
子どもに手渡します。
 
 
それがね。
どういうことかというと、
 
勉強じゃなくて、研究の方法です。
 
 
ああ、親子コミュニケーションを受講していると余計に
理解が深まるのですが、
 
現代は、勉強の時代じゃなくて、研究の時代なんです。
求められる人材が、それ。
 
だってね。
勉強は、過去の偉大なる人が研究したものを
暗記して、それを解くのが勉強でしょ。
 
 
研究は、そこから、自分なりの考えを考察して、
熟考して、新しい回答を導き出す。
 
 
わかると思いますが、前者は、AIの方が優れていますね。
 
 
 
後者こそがこれから必要とされている力なんですね。
 
 
 
だから、大事なのは、未就学児時代に
ここを親子で環境設定していくことが
死ぬほど大事なんです。
 
 
 
だって、
将来ね。
 
あなたの子どもを時給で換算される仕事に就かせるのか。
それとも年収1000万以上の人にするのか。
 
 
学歴だけじゃない時代です。
 
お金だけじゃないけれど、
 
好きと資質と収入が見合う
そういう世界で生きるなら、
 
観察実践プログラムの視点は必須です。
 
お母さんの視点も上がるし、環境設定、情報提供を
息をするように整えることができるようになるのが、
 
 
観察実践プログラムの数稽古です。
 
 
 
そして、何より、いしいおうことやりとりができ、
情報の共有ほか、他にも仲間がいるんです。
 
 
 
それがある唯一の講座です。
 
 
*****ここから一部抜粋********
 
【ケース40】4才4ヶ月
 
ドはまりした風神雷神図屏風を見に京都まで!
五感:実物(精密なレプリカ)のインパクト
知性:作者が俵屋宗達
所蔵は建仁寺
(オリジナルは京都国立博物館)
時代
同じく安土桃山時代の歴史人物
琳派
雷神→雷様について。ギリシャ神話だと雷の神様はゼウス
【経緯】
きっかけは2歳の時に見た
浅草寺雷門の風神雷神像←センスオブワンダー
すっかり虜な様子で、
ことあるごとに思い出しては話題にのぼる。
そこで絵本「ふうじんくんとらいじんくん」を買ってみた。
裏表紙に記載のある
「たわらやそうたつというひとが
かいたふうじんらいじんずびょうぶをみてみてね。
すごくかっこいいよ」というような内容の一文を
毎回しっかり読んでいたら
風神雷神図屏風=俵屋宗達も定着
 
所蔵の場所を調べるとオリジナルは京都の国立博物館
でたまに企画展で展示、精密なレプリカは
元々の所蔵の建仁寺で常設とのこと。
→伝えるとすぐ覚える。
 
本を見て「風神雷神だね」とわかる。
→漢字はまだ読めないのでびっくりすると
「金色の感じが同じ!」とのこと。数稽古の賜物!?
 
ここでちょっともうそろそろ現物見せなきゃ
と水曜日くらいに決意して土曜日には京都へ!
 
建仁寺入って拍子抜けするくらいすぐに平面な風神雷神図が。
私はすっかりだまされて、ほほーと見ていたが
本物のレプリカ(?)は実は次の間のもの。
息子曰く「屏風って折れてるはずだから変だと思ってたんだよ」
 
【感想】
長期的な観察・展開がやっと一区切り。
すっかり私も風神雷神好きに(笑)
 
難しいと思いがちな対象でも
【好き】があればいくらでも深掘りできるし
横にも広がりますね。
 
息子のおかげで趣味が増えました。
 
実は8年前にまだ彼氏だった夫と京都に行きましたが、
同じような場所を巡ったにも関わらず
今回の方が遥かに知的で豊かな会話ができました。
この投稿では風神雷神図屏風に特化しましたが、
ネタがありすぎて投稿しきれないくらい充実した一泊でした。
知識は人生を彩る!
 
【追記】
次の目標は、俵屋宗達の風神雷神と尾形光琳
やその他の風神雷神を見分けられるようになること!
 
 
 
 
***ここまで***
 
 
ケース40です。
 
すごいです。
 
継続は力なり。人生は、数稽古。
 
好きから始まるから、情熱が違う。
そして、心の満たされ方が違う。
満足度が違う。
 
探求が継続し、深くなっていく。
 
4歳ですよ。
 
これからどんな子になっていくのでしょうね。
 
研究の時代にまさに花開くでしょう。
 
あのね。
 
誰だって、自分から枯れたい花なんてないんです。
 
そのいる場所で咲けばいい。
 
でもね。
 
めいいっぱい大輪を咲かせるか枯れさせるかは、
 
未就学児につく体力なんです。
 
探求する力です。
 
チビーズの観察実践プログラムは、研究の時代に
生き抜く体力をつけるプログラムです。
 
 
 
 
10歳のムスコです。笑
ヤラセじゃないですよ。偶然。。。笑
 
自分を表す一文字は、
 
「研」だった。笑
 
 
大輪になるか、小花になるか。
そんなことは
どっちでもいいのですが。
 
 
 
 
枯れないようにね。
心が満たされて前へ進むために
 
 
親ができることをするのです。
 
 
 

************

おうこの 駄話
 
************
 
いきなりおちょこ。。。笑
 
 
あのね。
 
親子コミュニケーションで
人生を豊かにユーモアで乗り越えていく
 
よき方法をご案内しているのですが、
 
 
 
これね。笑
 
 
旦那さんに言っているんですってーー!!!
 
 
なんか、器にちっさいことを言ったら、
まるでおちょこのような心だね。
 
 
っていう意味らしい。
 
 
もちろんね。
普段から大海のような大きな心の持ち主だね。って
言っているからいいのですよ。
 
 
 
するとね。
 
お!!まじか。今、何、俺、、、
器、、おちょこだった?嘘。ほんと。。。
 
 
かっこわる。って思うから。笑
 
 
もう、、、天才。。。
 
 
彼女も、観察実践プログラム卒業生です。
チビーズを使いこなし、親子コミュニケーションも使いこなし。
 
 
 
そしてね。すごいのは、
彼女、わたしに言ったの。
 
 
「先生、わたし、先生に
相談することがなくなりました」って
 
 
きゃーーーーー!!!すごい!!
 
 
 
本当にそうなるの!!
 
 
だから、言いたい!!
 
 
本講座受講した方々からは、まだたくさん相談される。
 
でもね。だんだんわたしへの相談事がなくなる。
 
そして、おちょこや観察実践のように披露してくれる。
 
嬉しいです。
 
 
これから、この方々は、どんな家族を創り、
どんな親子関係になるのでしょうか。
 
 
楽しみですね。
ありがとう。
 
 
 
 

****************

<親勉チビーズとは>

親勉チビーズは、4歳以下のお子さんに向けたコンテンツです。

従来のモンテッソーリ教育である微細運動や感覚教育に

親勉の5教科を加えることにより、乳幼児のうちから

遊ぶように学ぶことがより可能となった

今までにない画期的な内容です。

************************

ぜひ、励みになりますので、ほんの一言でもいいので、

是非とも、是非とも、メッセージお待ちしておりますね。

待ってます!!

質問があったら、公開質問とさせていただきます。

また、いいなと思った記事がありましたら、

どんどんシェアしていただいて結構です!!

oko@bonheur-de-sakura.jp

香川と岡山をエリアとするテレビ朝日系列局 KSB瀬戸内海放送の

夕方の情報番組「スーパーJチャンネル」

2020年8月27日放送の特集【太陽を描く】に

当協会代表理事のいしいおうこと、

香川県高松市でインストラクター活動をしている

たなかようこが実施したオンラインイベントが

紹介されました。

 

番組のオフィシャルYouTubeでもその様子をご覧いただけます。

 

ニュース概要はこちら。

https://www.ksb.co.jp/newsweb/index/18439

 

読売新聞山梨県版2020年8月27日朝刊の地域面で、

山梨県北杜市で活動しているインストラクター大垣あゆみの

オンラインイベントが紹介されました。

 

コロナ禍で子どもがずっと家にいることで

家の中が片付かない、子どもとずっと遊ぶのも疲れてしまう

そんな保護者の悩みに寄り添い、解決に導くための

オンラインイベントに、17人の保護者が参加しました。

朝日新聞新潟版2020年2月23日朝刊の地域面で、

当協会のイベント「親勉チビーズPARK」が紹介されました。

 

コロナ禍で外に子どもを遊びにつれていけない保護者に向けて

知育にもつながる、おうちで出来る遊びをお伝えしました。

 

新潟県内から約40名が参加し大盛況のイベントとなりました。

 

100均のグッズを使って
イヤイヤ期こそ天才性を伸ばす!
モンテッソーリ教育をベースにした
親勉チビーズのお話しをしてきました。

発達を知り、やり切れる量にすること。
それがこのグッズで、できる!そんなことをお話ししてまいりました。^_^

この後も、子ども向け番組のご担当の方をご紹介してくださったりで、至れり尽くせり。

ビバ!ラジオ関西。^_^
三上公也さんの情報あさイチ!
http://jocr.jp/asa/

三上公也さん、木谷 美帆 (Miho Kitani)さん
とても興味をお持ちくださり、ありがとうございました^_^

もうイヤイヤ期でイライラしない!
そんなお母さんたちに届いたらと思います。

木谷さんとは、奇しくも、わたしと、同い年!旦那さんが同じ名前!ご縁ですわぁ。