協会からのお知らせ

協会からのお知らせ一覧

行動がすべてを変える。突き抜けるぞ。

こんばんは

親勉チビーズ協会代表 いしいおうこです。

 

********

おうこの駄話

********

わたしね。

この前、すごいなって思ったのは、

決意しているお母さんって、

もう、迷いがないのね。

 

何かっていうと、

ああ、申し込んだその日から

もう、講座って始まるんだなってこと。

 

観察実践の講座は、

今度、新しくリニューアルされるんですが、

(これは、本当にすごいです。天才が出現するでしょうねえ。)

 

 

申し込んだその日から、

お母さん達の視点が変わるんです。

決意ってすごいし、

やっぱり行動なんだと本当に思う。

 

さあ、わたしも、チャレンジです。^^

いつもね。後悔は絶対しないって決めてます。

 

だから、ピカって閃いたら、

迷いなくまっすぐに

行動です。うふふ。

 

 

それは、まだ見ぬ、

悩んでいるお母さんに、

 

叱られてばかりの

あんたなんて、産まなきゃよかったって

言われている子どものために。

 

わたしは、まっすぐ進みます。

 
*****
 
そろそろYouTubeライブをするので、
養成講座に興味がある方は、
こちらにご登録してお待ちくださいね。
 
 
そうだ。それとね。
今ね。チビーズのインストラクターに
ちょっとでも興味がある方いたら、
こちらに登録してお待ちください。
 
 
ぬわんと!!!
毎日増えてますぞ!
 
230名以上の
ご登録があります。
 
 
 
養成講座専用LINE
 
 
 
 
これね。ほんのちょっとでも気になる方がいたら、
絶対に登録しておいたほうがいいです。
なぜなら、ライブ配信もあるし、今の現役インストラクターが
どうやって仕事をしているか。
本音がきけるから。
そのライブのURLは、このLINEからしか流しません。
 
 
 
絶対に入っていた方が得策です。
 
 

小5ゲーム中毒の末路

こんばんは

親勉チビーズ協会代表 いしいおうこです。

 

********

おうこの駄話

********

うちのムスコね。

学校から配給されているタブレットが

なぜかいろんなゲームができてね。

(→うちゲームしないので、まじ、これ、勘弁してくれって思ったけど。笑

何で、学校のものがそうなっちゃうんだ?と思いながらも、、、)

 

 

で、だんだんハマっていってね。

まあ、しょっちゅうタブレット開いているわけです。

 

でね。

勉強なのか何なのかわからず。

とうとうオットが激怒。

 

タブレットを隠したんですううう。笑

(これほんと何やってんだかって思った。まじ、笑った)

で、わたしは、度が過ぎたり、何かあったらフォローするつもりでした。

 

 

で、まあ、そんなことより。

すっごい面白いことが起きたんです。

ほらでた!アタエナー教育。

 

 

するとね。

あまりにもやることないから。笑

 

日本地図を定規で測り出し、、、笑

縮尺があるからね。

で、北海道の大きさとか。

(元々、いま、北海道が興味あって、)

日本の端から端まで測ったり、し始めてね。

 

 

しまいには、宿題するのに漢字がわからなくなったら、

辞書使えばいいのに。なぜか、

日本地図の地名から、漢字探してね。笑

蔵という字を蔵王を探して、書いてた。笑

 

で、しまいには、絵を描き出すわ。

ピアノを弾き出すわ。

 

 

いやあ、何、隠すだなんて大人気ないってなんて

吹き出してたけど、

もっと面白い現象が起きちゃったのよね。

 

 

いいですか?

日頃、ゲームもグーグル先生も

圧倒的なインプットなんです。

 

 

だから、それができなくなったら、

強烈に脳は、アウトプットをしたくなるという・・・。笑

 

 

もちろんその話を彼にもしました。

そしてね。

もうひとつ。

わかったこと。

 

 

日本地図をね。

定規で測って、

おおお!熱海までは、90キロ!とか

白馬までは何キロ!

すると、最寄り駅までが何メートルだから、

って、まあ、盛り上がってるわけです。

すると、

 

 

彼は気づいたんです。

インターネットは、最後に

確認するために調べたらいいんだってことを。^^

 

 

もちろん突然隠したのは、

わたしは、やらないやり方。

 

でも、ちょっと様子を見てました。

これが、両者感情的になって、不毛な説教が始まるんだったら、

問題視してましたが、意外にそうじゃなかった。

 

まあ、随分建設的なコミュニケーションが取れていたのです。

(←これ、親子コミュニケーション講座で言っていることですね。

 

 

だから、様子を見てました。

彼は、この実体験により、

ゲームに支配される人生ではなく、

ゲームを支配する人生を歩むことがわかったそうです。

 

 

ね。荒療治でも

信頼できてたら、建設的なコミュニケーションが取れる。

 

これは、

皆さんの参考になるんじゃないかな。^^

 
 

今を変えたい人。

こんばんは

親勉チビーズ協会代表 いしいおうこです。

 

今日ね。片づけの講座をしたのですが、

いやあ。

やっぱり、いいわ。

片づけの講座。

 

だってね。

子どもの自立を促すために

お家の環境をどう設定していくか

という片づけだから。

 

ただ、綺麗にするだけでもいいけど。

それじゃあ、つまんない。

 

チビーズだもの。

せっかく綺麗に整理整頓するなら、

子どもの成長を促せる方法でないと

やる意味がないのです。

 

また、夏前かなあ。

講座できたら嬉しいな。

 

 

********

おうこの駄話

********

「そんなことわかってますよ。」

 

 

きっと、、、

チビーズのね。

体験会とかで、

そう思った人もいることでしょう。

 

そんなんわかってるって。

もしくは、インターネットとか、

子育て本とかに書いてあっても、

そんなん、わかってるし。って。

 

 

ね。

そうなんですよ。

 

でもね。

できないんです。

できないから悩んでいるんですよね。

 

チビーズはね。

そりゃあ、できない。

わたし、できてないって

いう人も、4000名以上もいたら、いるでしょう。

 

その逆もよ。

いるいないはどっちでもいいのですが。

 

じゃあ、そんなんわかってるよ!!

でも、できないんだもん。

 

 

実はね。

でも、できない!って思う人の

共通点があるんです。

 

だから、できないんだよ。いつまでも。

ここで、きっと、ドキッてしてるだろうなあ。

 

でも、それでも少しずつ、

できるようになったりするんだけどね。

でも、何よりも、口で言うよりも

 

きっとね。

行動しなきゃ変わんない。

 

 

同じ価値観の人と付き合う。

定期的にその環境にいなきゃいけないようにします。

これが一番効く。

価値を何十倍にもする

こんにちは。

親勉チビーズ協会代表 いしいおうこです。

 

すべての始まりは、

子どもの好き!からです。

 

何が違うと思いますか?

これ、、、チビーズ的には、ものすごい効果があって、

ものすごい大事な部分で

やっぱりお母さんたちがここに腹極めしている。

絶対外せないところです。

そして、効果倍増。

 

そして、やっぱりそうやって

育てられたこどもたちは、

これからの時代を生き抜く力を持っているのです。

 

もちろんね。好き!!からちょっとずつ、

ちょっとずつ世界を広げていくんですけどね。

それがテクニック!それが、観察実践プログラムでの

数稽古なんです。

 

 

だって、なあい?

親の勝手で、押し付けようとして、

子どもがちっとも反応しないで、終わったケース。

 

それ、だって、子どもの好きを

見てないからです。見れてないからです。

 

 

これはね。練習が必要だよ。

そう簡単なことじゃない。

まあ、無理な話ですよ。笑

数稽古なしにできるわけがございません。

 

 

************

おうこの駄話

************

さあ、続々とレポートを

ご覧いただきたいと思います。

 

 

【ケース8】長女4才6か月 次女2才8か月

◆あさり

あさりパスタを食べていたら、次女が食べた後の貝殻をおもむろに

1つずつ取り出し、また戻して、次は貝をちぎり始めた。

 

●体験・体感

済・色んな大きさの貝がある。同じ模様はない。

白と茶色。年輪?のような縞がある。

済・貝を落とした時にイスの金属部分にあたって床に落ちて、

長女が「いい音だね!」。

その後、貝殻で机やスプーンを叩いてみる。

更にスプーンと貝殻で叩く音の違いを聞く。

未・貝殻から海の匂いするか

未・貝殻を食べてみる

未・貝殻はザラザラする

 

●展開

済・1組が2つに分かれると、2倍って言うんだよ

済・分けてからお皿に入れると、無駄な空間がなくなって、容量が少なくなった。

済・貝殻の縞は年輪だよ

済・生産量1位は千葉。日本地図を見せる。

海で採れるから海に面した千葉県なんだね。

◎「貝ってラッコが食べるよね」と長女が教えてくれた。

 

◆感想

貝が落ちて長女が「いい音だね」の発言、

めちゃくちゃ嬉しかった。落とした事を叱らず、

落胆もせず、五感に繋げた!少しずつ長女が展開したりもするので、

私が普段できているという証明のように感じた。

もう、このお母さんの感想見て。

素晴らしいですよね。

 

こういうことです。

そして、アウトプットできる場所があるから、

モノになっていくんです。

 

 

*****

ケース9 1歳0か月次女

 

【観察】

輪ゴムを引っ張る

・ベビーチェアに座り後ろ重心

・背中を椅子の背もたれに押しつけている。

・顎を引いて視線は輪ゴムを引っ張っている右の親指

・両腕を軽く曲げられている。

・口は半開きでいまにも涎が垂れてきそう。

・右手の親指に引っ掛けられた輪ゴムが

外れないように他の4指はきゅっと握られている。

・左手の親指・中指・薬指の3点持ちで

輪ゴムの端を持って慎重に伸ばしている。

・輪ゴムを持っている3指は指先に力が入っている。

・左手の人差し指と小指は軽く曲げられている。

・輪ゴムを引っ張る時は手首を使わず、

腕を横に広げて伸び縮みさせている。

5~6回伸び縮みさせたところでぴょんと輪ゴムが

はじき飛んで座っている椅子の外側へ落ちてしましました。

輪ゴムが落ちてしまった先を目で追えていたので、

椅子の上から覗き込むように輪ゴムを見つめていました。

人差し指を使わない持ち方を初めてみました!

感動です★

 

伸びるもの、伸びないもの。

途中で6歳長女が「あれは?これは?」と色々持ってきて一緒に楽しむ。

体感できること、展開できることを考える、

発想することが大切だと思うので、

なかなか投稿できていませんでしたが

考察をアウトプットしていきたいと改めて思いました!

上の子も一緒に楽しめる。

そして、できてなくても。

途中でも。

 

自分でイマイチって思っても、

誰も責めません。

 

まずは、アウトプットすることが

ものすごい大事。

 

これをしたら

親勉チビーズ初中級が

何十倍もの価値になる。

*****ここまで

 

 

観察実践プログラムが

いしいおうこの総仕上げとなります。

こんな講座、他のどこを探してもないです。

 

 

**************

\\670人がお申込!!噂のオンライン講演会//

0才から6才までのお子様を持つママへ

子育てがどうしようもなく困っているママへ

上手くいっていないと感じるママへ

進級進学シーズンからリスタート♪

 

令和の新たな時代への育て方を聴いて

面白くラクになる子育て法へ

シフトチェンジしてみませんか?!

 

3500名が受講している

親勉チビーズ協会の講座では

楽しめる子育てに

変わったママ達ばかり♡

お申し込み殺到で

受付殺到にて、パンク寸前だとか…

前代未聞の参加費無料です!!

お見逃しなくー^ ^

 

3月27日 22時〜23時

親勉チビーズ協会代表理事

いしいおうこ先生 オンライン講演会

「天才性を引き出す子育て」

https://system.faymermail.com/forms/2894

こんにちは。

親勉チビーズ協会代表 いしいおうこです。

 

決心しました。

今、わたしに必要なものは、観察だ!って思いました。

 

子どもの資質を見つけたい!と思っているのに

これかな?あれかな?って全く自信がありません。

 

そして、たとえ、これかな?って思っても、そこから

どうしたらいいのかがわからないのです。

このプログラムだったら、他の講座ではあり得ない、

講座の後がより効果的なのでは!と思っており、

それがすごい価値を生んでいるような気がします。

とか

 

おうこ先生、先日の真の観察者になる!の記事を

拝読いたしました。

わたしは、チビーズを受講しましたが、

そこで、子どもの本質についてはしっかり学びました。

でも、わかったつもりになっているということに気づきました。

ここから先、もっと知りたい。もっと子どもの資質を伸ばしたい。

そのためには、次へ進みたい。

子どもと一緒にセンスオブワンダーを体験したい。

そして、人生を生き直したいって思っています。

とか

 

これほどまでに受講された方々が

楽しそうにしているのを見たことがありません。

共通言語で話せる仲間がいること。

わたしは、ママ友たちとはどうしても話が合わず、

この観察実践プログラムで

同じ価値観の仲間に出会いたいって思っています。

など、多数のメールをいただいております。

 

チビーズ受講有無に関係なく

ものすごい大事なことですからね。

子どもの資質を見つけて、伸ばしたいなら、

そして、未就学児童の学習の素地をつけたいなら、

単なる記憶型の勉強がこれからの時代に合った探求、研究型に

したんだったら、

 

小学生低学年ぐらいまで、

必要なお母さんの視点ですよね。

小学校2年生までだったら、間に合うかもね。

 

観察実践プログラムは、

小学校4年生の自由研究がひとつのゴールとしています。

 

未就学時代から子どもの好き!を始点に

探求、研究をしていくやり方をお母さんたちが一緒にやって、

見せていくことで、小学校1年生の自由研究の時には、自分で

仮説→考察→結論 を出していける。

そんなところを目指してます。

 

それが、実は、お母さんたちの

観察眼をあげるということをしないと

この学習の素地を作ることができないのです。

なぜなら、子どもの好き!を広げられないから。

 

 

すべての始まりは、

子どもの好き!からです。

 

 

************

おうこの駄話

************

さあ、続々とレポートを

ご覧いただきたいと思います。

【観察2 生後8日目 0歳からのイヤイヤ期】

ミルク

もう

要りません!!

*****ここまで

 

 

チビーズでは、イヤイヤ期は0歳から

始まっているよって伝えてます。

たとえ、生存本能だとしても、彼らにとっては

意志なんです。

そう捉えたら、赤ちゃんの考えを想像できるし、

0歳でもいろんな仕掛けができるでのです。

 

 

 

もうひとつ行っちゃお!

 

ここから*****

[ケース7] 1歳4ヶ月

眼球運動そのままの真似ですが息子が

はまったので観察/展開レポートしてみました。

 

観察

1つずつ、しっかり掴みいろんな形の物を坂の上に置いて

滑っていく/転がっていくをじっと見ている

転がす物は息子が自分でおもちゃ箱からお盆に入れて

持ってきた物+近くにあった物。転がる転がらないは

関係無しになんでもかんでも滑らせて、その先を見つめている。

形の違いには気付いてないようだが、よく転がる物にはキャッキャ言ったりする。

全て転がしたらちゃんと自分で物を取りに行き、

またトレイに戻すを5回繰り返していたが、全ての時に布のボールはなぜか無視。

 

 

(体験展開)

ボールだけでなくいろんな形の物を転がす/滑らせる体験。(済)

音の違いを体験 (済)

大きい木のボールはマラカスなので転がる時にシャリシャリシャリと音がする

プラスチック,木、車のおもちゃ、布等の素材が違うので音はもちろん違うが、

同じ木でも形によって転がり方が違うので音ももちろん違う

もっと広い場所で長い距離(未)

坂の角度を変える(未)

たくさんのボールを一気に転がす(未)

色々な物の名前を言って持ってきてもらって転がす(←発散運動に繋げる 未)

床をフローリング、カーペットでもやってみる(未)

 

(知識展開)

国語/英語: オノマトペ、物の名前

算数:図形の名前,角度、速度の違い

          転がる物と転がらない物のちがい(ここで、URLの転記あり)

かたちあそび – 1.単元で育成する資質・能力 2.単元デザイン 3 …    

調べたら小1でやるテーマだそうです。)

物理: 物はなぜ転がるのか (これだと高校物理の話しになって

重力とか重心の話しにまでもっていけるみたいです。

調べていったら宇宙の話しにまで展開出来そうです。)

*****ここまで

 

 

確かに年齢は、1歳4ヶ月でも、

お母さんがこれだけ広げられたら、

もっと子どもがお話しできるようになっていったら、

きっとすごい展開ができるようになっていくのでしょうね。

 

子どもが小さいうちから練習ができるってことです。

 

観察実践プログラムが

いしいおうこの総仕上げとなります。